<   2016年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

第6回 あがりみち蚤の市”春のウキウキ蔵ざらえ”

今週末、26日(土)に蚤の市を開催します。
上道町の灘道界隈にて、数えて6回目の蚤の市です。
開催場所は、ここあん土間、cafeマルマス軒下、えんどう様宅前の3箇所。
どうぞお出かけ下さいな。
d0131255_15161046.jpg

[PR]
by coco-an | 2016-03-24 15:16 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

スマホでできるNPO支援

NPOを応援したい012.gif そう思っているとしたら、是非こちらのサイトで応援よろしくお願いします。
ここを↓クリックして、NPO法人こども未来ネットワークを検索049.gif
NPOを無料で簡単に支援できる!goodoo
毎日、ポチッ!とするだけで、応援ポイントゲット。
ポイント合計により、団体に寄付金が送られます。
NPOをやってる本人(私012.gif)も、毎日欠かさずポチッ!(クセになる楽しさ)とやってます。

これはホントにNPOにとって助けになる仕組み。
事業に費やすお金は補助金や委託金で賄える(実はこれも自助努力なんだけど)けれど、団体そのものを維持運営していく財源は会費と寄付金のみ。
補助金だって、丸々出るタイプなど稀で、自己資金をつぎ込んで実施しなければならないし、事業を広げれば広げた分だけ団体の維持費もかさむ。
事業を限られた人数で回しているから会員や寄付者を増やすことがどうしても後回しになってしまうという悪循環。
ゆえに、こうした寄付金は何より有り難い016.gif016.gif016.gif

スマートフォンだけでなく、どの情報端末からでもサイトを見つけられたらポチッ!とお願いしますね。
こども未来にポチッ!としてもらえたら何よりだけど、色んな団体が登録していますから是非一度ご覧下さい。


[PR]
by coco-an | 2016-03-24 08:45 | NPO人として | Trackback | Comments(0)

”とことこ”はトコトコ

クラス増設の”とことこ”は、2歳以上のお子さん対象のわらべうたと絵本を楽しむ会です。
第4火曜日は、この前まで”あぶぶ”(0〜1歳クラス)だった人たちメインです。
わらべうたを歌っていても、絵本を楽しんでいても、気になるものを見つける(聞きつける)とトコトコ・・・動き出さずにはいられません。
”とことこ”の人たちは、自由だなあ〜といつも思います。

動き出すとき、そこには明確な意志が存在するのだから無言で引き戻そうとすると抵抗011.gifします。
目的物へとまっしぐら、なおかつ誰かに「これ!、ほら!」って共感を求める。
これを無視するともっと強気に(「ほら!ちゃんとみて!」って目の前まで引き寄せたりなどして)共感を強要013.gif
けれど、「はい、見てますよ〜、聞いてますよ〜」ってオーラを投げかけておけば短時間は行動を抑制できちゃうし、小さなうなずきサインをするだけで納得してくれることもある。

小さな人たちがウロウロし始めるのは、自由に動けるようになった証。
ハイハイやあんよでどこへでも行けるようになると、ウロウロがはじまりますね。
所謂、目の離せない時期がこれですね。
このウロウロと、”とことこ”時代のウロウロではちょっと違います。
はじまりの頃のウロウロでは、他者はあまり関係なくて、ただただ本能のおもむくままな感じ。

言葉を理解して、たどたどしいながらも自分の意志を伝えようとする”とことこ”の人たち。
自我の芽生えは、他者を意識することでもあるのだなと分かる。

”あぶぶ”でも”とことこ”でも、やることはほぼ同じ。
なのに、全然空気が違う。
同じようにお母さんの膝の上にいるけれど、自分の意志でわらべうたを歌い、遊ぶ。
絵本の時間など順々に前へ出てきて、見つけたものを言いたいから本の前が大混雑。
「できる」こと「わかる」こと、それが何より嬉しいお年頃。
ここを、大切にしたいと思う。
「できたね」「わかったね」「すごいね」「おもしろいね」「やったね」・・・、にっこり笑って「・・・ね」をいっぱい繰り返してあげることが、この時期最も大切なことかもと、”とことこ”の人たちを見ながら思う。



[PR]
by coco-an | 2016-03-23 09:05 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

「子ども」を考える

先日、「佐々木正美先生、好きなんです016.gif」とおっしゃる方があり、「私、実は大の佐々木正美ファンなのよ〜」としばし佐々木先生談義。
佐々木正美先生は「こどもへのまなざし」(福音館)で有名な児童精神科医。
あの穏やかさ、優しさに憧れて続けております。

以前公開していたプライベートブログに、佐々木先生のこと、子どもを見ていて気づいたことなど書いていますので、興味ある方は読んでみてね。↓こちら
私のNPO LIFE
[PR]
by coco-an | 2016-03-22 08:31 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

障子の穴

ここあんを開く時、一階、二階合わせて18枚の障子を貼り替えた。
実はその後一度も張り替えをしていない。
よく持ったなあ005.gif
わざとでなくても破ってしまうこともあるし、小さな破れでも見つけると広げてみたくなる気持ちはよく分かる。
お母さんたちが「あ、待って〜」と叫んで間に合うこともあれば、残念な場合もありますね。
あぶぶやとことこに通う人たちであれば、わざと破るようなことはありませんが、少し大きくなったお子さんだとちょっと手強いね。
大人が困ることをわざとやってしまうことだってあります。
d0131255_17350442.jpg
こんな時、大人はどうしたら良いでしょう。
う〜ん015.gif いっぱい考えてみたけれど、正解は見つけられそうにない。
ただ、その時その子がどんな気持ちだったのかに思いを巡らせてみた。
いけないと分かっていても破らずにはいられない気持ち・・・。
障子の穴を、和紙で丁寧にふさぎながら、「ほうら、直った。もう大丈夫」ってつぶやいた。
そして気づいた。
私の出る幕じゃないわよ、って。
d0131255_17432081.jpg
障子の穴を繕うように、子どもの心もこんな風に貼り合わせて元通りに出来ればいいけれど、そう簡単にはゆかないね。
そしてそれが出来るのは私ではないってこと。
d0131255_17473554.jpg
ここあんの障子の穴を塞ぐことなど容易いことなのです。

子どもの行動には何かしら意味がある。
どんな意味があるのかを考えるのは親の役目です。

[PR]
by coco-an | 2016-03-21 18:05 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

3月の土曜日文庫

3月19日(土)参加者数:大人5名 小学生 3名 幼児 7名
[プログラム]
おてぶし
めのまどあけろ
ろうそくパッ!
絵本 「なぞなぞなあに はるのまき」こどものとも年少版
♪ つくしはつんつん
♪ たけやぶのなかから
♪ だんだんのぼって
絵本 あれこれたまご 福音館 かがくのとも
絵本 とん ことり 福音館 こどものとも
ろうそくフッ!
さよならあんころもち

ひさしぶりに遊びに来てくれた「あぶぶ卒業生」たち。
すっかりお兄さん、お姉さんになっていました。

文庫のあと、おもちゃやアナログゲームで大盛り上がり。
みんなが大きくなったから、ここあんが狭く感じられましたね。

絵本をもう一冊加えてもよかったかな。
子どもたちへの対応にも「あれでよかったか」と反省することもあり、まだまだ015.gifですねえ。

[PR]
by coco-an | 2016-03-20 08:58 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

いもぼたの朝

我が家のぼたもちは「いもぼた」です。
餅米にさつまいもを混ぜて炊くのです。
(里芋というお宅もあるらしい005.gif
あんこは?
ちゃんと中に潜ませてます。
d0131255_08393572.jpg
あんこ好きの誰かさんのために、外側あんこタイプもちょんぼしつくります。
「あ、だ〜れ?仏さんに供える前に食べようとするのは013.gif


[PR]
by coco-an | 2016-03-20 08:42 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

”とことこ”を旅立っていく人たち

引っ越し、入園・・・、来月からもう”とことこ”で会うことのできない小さな人たちと、いつもどおりに小さな物作りをして、わらべうたを歌い、絵本を読み、みんなでおやつ。
みんなのこれからを想像しながら、宝物のような時間を過ごしました。
最後のわらべうたですからね、大好きなのをいっぱい歌って、遊んで大笑い。
いつ頃だったかなあ、絵本の途中でふらふら〜っと動き出す3人を「じっとしない3人組」と呼んだ時期があったっけ。
けれど気がつけば、おはなしの世界に入り込んで目を輝かせて聴ける人たちになっていましたね。
絵本が終わると何も言わないのに手を洗う順番待ちができて、争うようにおやつの準備を手伝います。
「じっとしない3人組」は「すてきな3人組」になっていました。
最年長のT君は、いつもこだわりの作品をつくりみんなのお手本になってくれましたね。
今月の絵本に選んだのは、次の3冊。
「なぞなぞな〜に はるのまき」 こどものとも年少版
「もりのひなまつり」こどものとも傑作集
「はやくはやくっていわないで」益田ミリ ミシマ社

最後の「はやくはやくって・・・」を読んでいるとき、子どもたちの瞳に「人に寄り添う気持ち」がはっきりと現れていた。これは、読み手にしか見ることの出来ない「ごほうび」012.gifのようなものです。
「みんな、ひとりひとり違ってていいんだよ。そのまま、ありのまま、ゆっくりでいいからね。」という願いを込めて至福の時を過ごした。

みんな、ありがとう。元気でね。
そして、これからもよろしくね。

ちなみに、来月からのとことこ第3金曜日のクラスの新規参加者募集します。
2歳以上のお子さんと保護者さん、お問合せをお待ちしています。
[PR]
by coco-an | 2016-03-19 17:23 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

郷土のわらべうた

わらべうた好きがもっと増えたらいいなあ〜と、わらべうたを歌い合う会「わらべうた研修会」を呼びかけてはや5年。
どんなこともはじめるときは勢いで何とかなるが、続けることは難しい。
境港と米子、2カ所での定例会を毎月続けているけれど、境港の参加者は減り続ける一方008.gif
これでいいのかなあ・・・。しょぼん。

とは言え、米子は毎回元気よくやっているようだし、定例会以外のミッションもあるのだから013.gif

ただ今、郷土のわらべうた楽譜集(会員用)を編集中。
地元のわらべうたをもっと歌い継いでいきたいからね。

わたべうた研修会に興味のある方は、ここあん又はえほんやとこちゃんにお問い合わせ下さい。
登録料、1000円を払えばどなたでも入会できます。
毎月の定例会、年数回の外部講師研修会に参加出来ます。(参加費別途必要)

ちなみに今夜は7時からcafeマルマスにて編集会議の予定です。


[PR]
by coco-an | 2016-03-18 08:23 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

おめでとう、わたし。


年々早くなる一年。
どうやら57回目を迎えることが出来たみたい。
勝手ながら息子の演奏でしみじみと。

[PR]
by coco-an | 2016-03-16 21:47 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(4)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る