受け入れること

こっちゃんに泣かれ、抱っこしたくても抱っこを遠慮するばあばでしたが、
いよいよ抱っこ解禁の日がやってきました〜。
それは思いがけず、そしてごく自然に訪れましたよ。

ここあんに来ていたこっちゃん、パパは留守、それなら晩御飯食べていけば?とこっちゃんママを誘う。
「離乳食が・・・」と言うママに、「おかゆとかぼちゃでいかが?」と更に誘う。
めいちゃん一家も来ると言うし、いざ、我が家へ。
おかゆを炊いて、かぼちゃと豆腐を出汁で煮て・・・準備OK!
小さなお茶碗にそれぞれ入れて、おさじを添えて「さあ、食べてね」
「おばあちゃんに食べさせてもらおうか」とママ
「え?わたくし?」
ママに抱っこされたこっちゃんに恐る恐る「おかゆよ、あ〜ん!」
小さな口を開けるでもなくばあばを見つめるこっちゃん
しかし、おかゆをのせたおさじは拒まない。
「もぐもぐよ」というと、口をもぐもぐさせ上手に食べる。
拒否はしないけれど、「今日はどうしてこの人がごはんをくれるのかなあ〜?」みたいな表情で食べ続ける。
「はい、かぼちゃですよ」
「・・・」
「今度はお豆腐よ」
「・・・」
「こっちゃん、上手に食べるネエ〜」
「・・・」
間でお白湯もスプーンで飲ませてみる。
7.8割食べ終えた頃、ソワソワし始めたのでママに交代。
結果的にこっちゃんは、ばあばの膝に抱かれることに。
ママにごはんを貰いながら、「私を抱っこしてるのだあれ?」とでも言いたげに右へ左へと盛んに振り返る。
泣かれては困るので、顔を合わせぬようこっちゃんの動きに合わせ顔を背けるようにしておく。
結局落ち着かず、ママのお膝に戻り残りを食べ終えると仕上げのおっぱいタイム。
やれやれ〜 なんだかどっと疲れた。

なれど、「食べる」ということでどうやらこっちゃんは私を受け入れたんだね。
それ以後は抱き上げても「あ、この人ね」みたいに平然とし、どうやらばあばは安心して良い人なのだと認識してくれたみたい。
やった〜っ!!
えへへ、ばあばはかなり幸せです。



[PR]
# by coco-an | 2017-11-14 08:39 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

にぎにぎするおもちゃ「クーゲルン」

この記事を、おもちゃやのページに載せるべきかと迷いつつ・・・。
d0131255_17112062.jpg
おすわりできるようになり、両手を合わせて遊んだり、おもちゃを持ち替えたりできるようになったこっちゃん(7ヶ月)に、と持ち帰ったクーゲルン。
予想通り、目の前に出すとすぐに興味を示し手を伸ばす。
けれどずっしりと重要感のあるおもちゃだから、すぐに手からこぼれ落ちてしまう。
ならば、と腹ばいにさせ、目の前にそっと置く。
両手でがっしりと押さえ込み、眺めては食らいつく。
時に片手で掴み、振り回す。
勢い余って自分の顔に当たりそう〜。
ちょっと興奮気味になったので、危険を避けてお手玉とチェンジ。
お手玉なら安全、そして指先でつかんだり離したりが自在。
両手に一つずつ持ってご機嫌さん。
やがて腹ばいから膝を徐々に曲げ、お尻を持ち上げ始めたこっちゃん。
今にもハイハイしますよ、と前後に微妙に動いてみせる。
クーゲルンをその小さな手より少し遠めに置いてみると、精一杯指先を広げ伸ばしてくる。
思わず「ズンッ」と前進したりして、びっくり。
あら〜、今度は動くおもちゃ(アヒルさんとか芋虫とか)を持って帰らなきゃいけないね。

クーゲルンにはめいちゃん(6ヶ月)も夢中。
腹ばいになりおきまりの、じっと眺めて食らいつく、を繰り返す。
まだ両手で抑え込むことができないで、掴もうとすればなぜかみんな左方向へ逃げていく。
めいちゃんの左側には、おもちゃが溜まっていく。
それを掴もうと右手を左側に伸ばそうとする姿が可愛い〜。
クーゲルンとお手玉とで、大方30分くらい遊んでいたかな。

クーゲルンはこれから当分孫たちの頼もしいパートナーになりそうだ。





[PR]
# by coco-an | 2017-11-12 17:36 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

子どもを守る

猟奇的とも言える犯罪が起き、その被害者が判明してまたさらにその特異性に驚く。
彼女たちを守るすべはなかったか。
今後同じような事件が繰り返されないようにするにはどうすべきか。
大人の姿勢(覚悟)が問われている。

一つには、感覚を鈍らせないことではないかと思う。
誰かが何かしらの困難に遭遇している時、「何か変だぞ」と周りの人が察知できるかどうか。
子どもなら親が、大きくなれば仲間が、「あれ?いつもと違う」って気づけること。

また、子どもの側の問題として、「ひとり、孤独な時間を過ごす」経験が不足しているのでは?とも思う。
安易に誰かを求める前に、己と向き合うことを思春期にちゃんと経験してきたか、ということ。

そして何よりその前に、子どもたちが「根拠のない自信」を備えているかどうか。
自己肯定感と言われるもののこと。
また、「なんとかなるさ」と気持ちを切り替える力を持っているかどうか。

そうした心の持ち主になるには、幼い頃に構築すべき親(またはそれに代わる人)との「基本的信頼関係」と、周囲の大人に見守られる中で育つ「自分を好きでいられる気持ち」、或いは「安心できる居場所」があることが必須。
それを誰が保障するかというと、まずは親の役目だと私は思う。
最も大事な親の仕事じゃないかしら?
けれど、その大事な仕事を、果たすことができない社会を私たちは作ってしまったんだね。

一見、何不自由ない暮らしをしているように見える人たちが、「死にたい」と口にし、ネットの中に安易に「優しさ」を求めてしまうような現状。
それは全て社会(私たち)の責任。

今回の事件は、決して他人事ではない。
特異的な印象を受けるけれど、いつ、どこで起きても不思議ではない。
そんな危うい現実社会をいったいどうしたら安全に生き抜いていけるのだろうか。

このところずっと、彼女たちを守る手立てはなかっただろうか?と、自問自答している。

[PR]
# by coco-an | 2017-11-12 10:07 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

11月のあぶぶ(金曜日コース)

ほぼシンデレラ110.pngの翌日、わらべうたの会”あぶぶ”金曜日コース2コマを終える。
午前の部、穏やかに終了。
あぶぶ卒業間近の双子ちゃん、♩おてぶし〜をリードできるようになった上、椿の実を「みんなに見せてあげて」とお願いすると、一人一人に丁寧に見せて回ったり、お手伝いができる。
それを参加しているチビちゃんたちがじっと見ている様子がまた可愛らしく、その様子に「学びの連鎖」を期待大。
d0131255_08581416.jpg
今月のおやつは「かぼちゃのケーキ」です。
食べ応えがあり、優しい甘みで栄養満点。

美味しいものいっぱいの秋なので、「くんくんいいにおい」を読んでみました。
「どんなにおい?」問いかけるように読んでいると・・・
ページをめくる度、絵本に顔を近づけて「くんくん」する人たち。
絵本の中から甘いにおい、酸っぱいにおい、秋刀魚の焼けるにおい、ブランコの後の手のにおい(懐かしい〜)、いろいろな匂いが脳裏を駆け巡る一冊でした。


さて、午後の部は・・・。
終始落ち着かず、こちらの気持ちもあっちへ行ったりこっちへ行ったりで、雑然とした時間になってしまいました。
子どもたちの集中が途切れたり、気持ちが離れたりするのは仕方のないことですが、私の心持ちがいけなかったと反省しています。
子どもたちを、そして自分自身も信じきれなかったかな。
で、結局パワー溢れる子どもたちに引っ張られちゃって、収拾がつかなくなっちゃった。
なんとなく、その場しのぎのわらべうた遊びになってしまったみたいで、いかんなあ〜。

わらべうたや絵本の時間が穏やかだと、その後も穏やかに過ごせるのですが、
どこかで歯車が狂ってしまい、一体感が感じられない空気になると、その後の修復は困難。
私の力量不足だったと反省しています。

誰もが気持ち良く、そして楽しく参加できるように、環境を整え、気を配っていきましょう。
精進、精進。

[PR]
# by coco-an | 2017-11-11 09:19 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

11月のお便り

お待たせしました!(・・・って誰も待っていないとか。)
11月のお便りをアップします。
d0131255_17003755.jpg
d0131255_17005958.jpg
クリスマスフェアーなどいたしますので、是非お出かけ下さいませ。
サンタクロースのための「夜のおもちゃ屋」っていうのも密かにやってみますので、サンタの皆さん、プレゼントに迷ったらここあんへGO!でございます。


[PR]
# by coco-an | 2017-11-07 17:03 | ここあん便り | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an
プロフィールを見る