いつの頃からか、煮しめやぼた餅を好むようになった。
年のせい?
d0131255_08502222.jpg
今回は残念なことに芋がなくて、普通のぼた餅。
やっぱり芋ぼたでなくちゃあね。
d0131255_08501807.jpg
わが家は今、ベイビーを迎えるにあたりサンルームを増設中。
ご先祖様方によろしくお願いしますと報告しつつ、
ああ〜、明るい光の中、泣き声や笑い声が響くのを想像するだけでにやにやしてしまう”ばば”です。


[PR]
3月のとことこで読んだ本をそのまま土曜日文庫でも読みました。

これは2016年の月刊絵本年少版で私のお気に入りの一冊。
わらべうた♪とおげのさかみち、や♪はやしのなかから、とよく似ています。
なので、節をつけて歌いながらページをめくります。
とことこ年令のお子さんはもちろん、小学生も楽しんでくれます。

そして、ここあんを卒業していくお子さんとお母さんに向けて伝えておきたかった一冊。
それぞれの春に向けて、そっと背中を押すような、そんな時間になれたら良いなと思いながらの絵本タイム。
とことこと土曜日文庫と、どちらも私の方がみんなからパワーをもらい、新たな春に向かって飛びだして行けそうな気がしたよ。
ワイワイカーニバルの子どもフリマのすぐそばで、楽しい時間を共有してくれた皆さんに感謝します。

その他に読んだ本とわらべうたは・・・
「おおきくなるっていうことは」
「パパがサーカスについていっちゃった」
♪うぐいすのたにわたり
♪ひとりでさみし
♪ずくぼんじょ




[PR]
朝ドラを見ながら朝食をとる93歳。
近頃、テレビから流れる映像をそのまま受け取る傾向にあり、時代背景とか全くお構いなし。

今朝は朝ドラのヒロインたちが昭和40年代につくった育児映画を見ながら「はあ〜、おしめに安全ピンを使うだなあ〜」と感心している。
「これは昔の話しだよ」と答えると「はあ?」って・・・emoticon-0114-dull.gif

CGで恐竜などがリアルに動く映像など見たとときなど、「こげなもんがおるだなあ〜」
・・・「いやいや、今はおりませんよ」

ただでさえテレビが言うことは嫁さんの言うこと以上に正しいと思っているのに、映像技術の進歩でリアルと現実の区別がつかなくなっている。
耳(聴力)も年齢相応に衰えつつあるから、自分の都合の良いように聞き取って納得してしまう。

困ったもんだと思うと同時に、もしかすると、幼い子どもも(ばあちゃんと)同じような感覚でテレビを見ているのかも知れない、と思った。

最近ばあちゃんはテレビをほとんど見ない。
「なんだいやかましいばっかりでちっとだい面白くない」のだそう。
子ども向け番組はたくさんあるが、高齢者向けのテレビ番組っていうのも必要なんじゃないかなあ。
テレビからばあちゃんに語りかけるような、見ている方が頷いたり返事をしたりしながら楽しめる番組、手足を動かしたり、ちょっぴり考えたりできるような、そんなのがあったらいいよねえ。


[PR]
先日、子育て王国とっとりのホームページにここあんを紹介していただくための取材を受けました。
ちょうど「とことこ」開催日でしたので、参加者の皆さんにご協力いただきました。
そして、昨日よりこちら→とっとり子育て隊 に掲載されています。
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。



[PR]
明日3月18日は、月に一度の土曜日文庫開催日ですが、今回に限り、開催場所を次の通り変更致します。
開催場所 境港市民活動センター(市役所裏、市民会館内)
開催時間 午前10時半〜およそ30分

明日は、境港親と子どもの劇場さんのワイワイカーニバル(先月大雪で中止となった)のミニ版が開催されますので、その一角をお借りし、わらべうたと絵本のひとときを楽しむ予定です。
会場では、子どもフリマやバザー、お楽しみ抽選会などが10時〜12時まで楽しめます。

劇場さんのイベントにお邪魔しての土曜日文庫。
頼まれてもいないのに、「押しかけ文庫」って感じですね〜。

事前のお申込(協力金も)は不要です。
お子様連れでお出かけ下さい。



[PR]