♪め〜ぐろさんを まいて
 お〜でこさんを まいて
 は〜なのはしを わ〜たって
 こいしを ひ〜ろって
 おいけを ま〜わって
 すっかりきれいになりました〜♪

これは顔遊びのわらべうたですが、ここあんの裏庭も

♪の〜びたえだ お〜として
 しげったくさ ぬいて
 こみちを はいて〜
 すっかりきれいになりました〜♪
d0131255_16481813.jpg
いつも助けてくれる仲間と共に、3日がかりでひとまず手入れ完了。
きれいになった裏庭で久々のBBQを楽しんで草刈りの慰労会としました。

さて、「おみせやさん」の準備を再開。
d0131255_16480615.jpg
わらべうたで大活躍のシフォンのスカーフも届きました。

さあ、がんばろう〜。




[PR]
# by coco-an | 2017-09-29 16:52 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ご先祖様にご挨拶

「おはぎをつくるからおいで〜」と連絡したら、めいちゃん一家が来てくれた。
(残念ながらこっちゃん一家はパパ不在のため参加ならず)
d0131255_09045703.jpg
お向かいのおじいちゃんにもらった新芋で「いもぼた」づくり。
d0131255_09055503.jpg
ほら、できた〜。
このところ、おはぎの大きさが肥大化しているように思うが・・・。

仏壇にお供えし、お墓参り。
生まれたときから仏壇の前で寝起きしていたとは言え、墓参りははじめて。
「めいこです、よろしくお願いします」

さて、この日の夕食時、ご機嫌なめいちゃん、盛んに身をよじって「うん、うん、う〜ん」
「めいちゃん寝返りしそうだ〜」とじいじが言うので慌てて駆け寄る。
下半身は腹ばい体制に入りつつあるぞ。
「そうね、でも腰(お尻)がこっちに向かないと寝返りはできないよ〜」と言いながら、膝と腰をぐっと引き寄せてみたところ、タイミング良く頭(首)に力を入れためいちゃん、くるりっ!!と見事に寝返った。
「わっ!すごい!!」
身体の下に入ったままの腕をそっと引き出してやると、しっかりと頭を持ち上げ「やったわ、わたし!」って顔。
その後、何とか自力で寝返りたいのだろう、仰向けに寝かせても、寝返りのポースで四苦八苦。
下半身OK、腕を振り回しつつ頭を持ち上げようとエビぞりしながら「うん、うん、う〜ん」。
声を張り上げて頑張るめいちゃん。
大人たち、もう晩ご飯どころではない。
みんなして「がんばれ!」と声援を送り、順々に手助けしたり、戻したり・・・。
「うん、うん、う〜ん」を繰り返すめいちゃん。
「めいちゃん〜、苦しいなあ〜、どうしたいの?」
「ねがえりしたいの?もどりたいの?」
そう優しく声を掛けながら寄り添うママ。
随分長い間果敢に挑戦し続けためいちゃんだったが、さすがに精根尽き果てたとみえ、反対向きに寝かせたらやっと落ち着き、身をよじらなくなった。
93歳が「無理せんでええ、ええ。知らん間にでき〜ようになあけんなあ〜」
幾度も繰り返す。

良い一日だったなあ。
めいちゃんが頑張る姿にじ〜ん。
その気持ちにより添えるママにじ〜ん。
みんなでご先祖様にご挨拶できたことをしみじみ有り難く思ったばあばでした。

さあ、つぎはこっちゃん一家がやってくるのを楽しみに待ちましょう。




[PR]
# by coco-an | 2017-09-24 09:38 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)
2ヶ月ぶりの外遊び。
参加者は二組、なれど二人とも面白いお年頃。

「あ、大きな木」と大人たちが会話していると、突如「お お〜きな のっぽの ふるどけい〜♪」と大声で歌を歌い出すAちゃん。
言葉から歌へ・・・その後も名曲を披露しみんなを楽しませる。

「だっこ〜」と甘えるMちゃんに「Aちゃんと競争」と言うと、表情を変え本気ダッシュ!!
対抗心は大事だ。

そしてどこにでも上りたがる二人。
無理と思われる垂直の崖にも果敢に挑戦。
見ていて飽きないなあ〜。

セレンさんに借りた虫眼鏡で小さな花や虫を見ようとするが・・・程よい距離感をつかむのはちょっと難しく、持っているだけで満足な感じ。
虫眼鏡で見る草花に大人が感動。
d0131255_09053096.jpg
鬼柚が沢山実をつけていた。
来月には色が変わっているかな?
d0131255_09055175.jpg
むくろじも鈴なり〜 来月拾うのが楽しみだ。
d0131255_09053911.jpg
ただし、葉っぱの裏にイラガの幼虫大発生だから、要注意。

ああ〜、孫たちも誘って「外遊び」できるようになるといいなあ〜



[PR]
# by coco-an | 2017-09-23 09:28 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

あるがまま

ここあん周辺には空き屋が多い。
人がちゃんと棲んで手入れすれば「家」として棲む人の暮らしを彩るであろう古き家たち。
もったいないなあ〜。
家は徐々に傷んでいくのが見えて悲しいが、その周りの庭はエネルギーに溢れている。
木などは自由に伸び伸びと枝葉を広げてゆくし、草だってもう草などとは呼べない立派さで成長し、世代交代を繰り返す。
d0131255_08250572.jpg
ついこの前、美しいあじさいのお姉様を見かけた。
あるがままの美しさ。
「きれいよ」と声を掛ける。
しかし路地に覆い被さるように枝を広げる木々や雑草をそのままにはできぬ。
数日前、シルバーさんにより丸坊主にされちゃった。
なれどそれも一時のこと。
そろりそろり、植物たちはその勢力を回復していくことだろう。

さて、ここあんの裏庭もジャングル化進行中。
バーベキューのかまど、Oちゃんの小道は全く見えなくなっている。
おそるべし草の力。
あるがままの庭と共生するのは難しい・・・。
悪いけど、こちらも一掃させていただかねば。


[PR]
# by coco-an | 2017-09-20 08:36 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

愛着のきざし

めいちゃん(孫、3ヶ月半)も人見知りが本格化しはじめたようで、親以外の人間に抱かれると泣いてしまう。
ある程度の距離を置いて関わるのは良いのだが、近づくと途端に下唇に力が入りベソをかく。
じいじ、ばあば、大きいばあちゃんの顔を順番に見て、必死で泣くのをこらえる姿が何とも愛おしい。

泣かれちゃうかもと思いつつ、めいちゃんを抱き上げる。
めいちゃんの偉いところは、わらべうたをうたっている最中はひとまず泣かないこと。
だっこしてゆらゆらしながら歌っている間はOK!
しかし、顔をのぞき込んではならない。
目が合った瞬間表情が一変する。
昨日は♪ずいずいずっころばしが良かったみたい。

しかし、長くは持たない。
結局泣かれてしまい、パパに助けを求める。
パパに抱かれ、恨めしそうな顔をしてばあばを見るめいちゃん。

パパとママを信頼しきっているんだろうね。
「どうして他の人に抱かせたりしたのか」とでも文句を言うように甘える表情と声で盛んに訴え続ける姿がまた可愛い。

「めいちゃんは、パパ(ママ)が大好きだなあ〜」
「やっぱり、パパ(ママ)じゃないとだめだなあ」
そう幾度も言って、パパ(ママ)を応援するばあばである。

愛着。
佐々木正美先生が
「はじまりは愛着から」とおっしゃったように、子育てのベース、出発点なのだなあ〜と孫たちを見ながらしみじみ思う。
親を求める気持ち。
安心できる人の存在とその人への絶対的信頼。
それがないことには、心の成長のステップを次へと進められない。

しばらくは我慢、そして見守りのばあばである。


[PR]
# by coco-an | 2017-09-19 08:49 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an