わらべうたの会(あぶぶ・とことこ)は継続参加をお願いしている。
それは、わらべうたで遊ぶことを、親子の関係ばかりではなく、毎月出会うお子さんと(私と)の関係、お子さん同士の関係を育む中で続けていきたいと思うから。
「とことこ」(2歳以上のお子さん対象)は、そういった意味で、大変面白い。

わらべうたの会を始めて間もない頃、「とことこ」は、人も定着しないし、思うようにできなくて、幾度もやめてしまいたいと考えた。
思うように、というのは、子どもたちが集中できなくて遊び始めてしまったり、絵本に興味を示さなかったり、つまり、じっとしない(させられない)ことへの不満(ふがいなさ)のこと。
まあ、そもそも「とことこ」という名前が表すように、自分の気持ちの赴くまま、あっちこっちに歩き出してしまう年頃の人たちなのだから、当たり前のことなのだが・・・。
それが変化し始めたのは、ある程度の人数が集まりメンバーが固定化してからだ。
わたしは何もしていない。
子どもたちの力で、その場がつくられていった。
「じっとしない3人組」と呼ぶお子さんたちがいた。
わらべうたの途中、絵本の途中などで、ひとりが動き出すと2名が便乗し、3人揃ってどこかへ行ってしまう。
それに引きずられないお子さんも必ずいるし、何よりお母さんたちが参加し続けているので、やがて3人組はその膝に戻ってくる。
この「じっとしない3人組」はやがて、長いお話し(絵本)を最期まで楽しめる人になり、わらべうたを自ら楽しめる人たちになっていった。
子ども同士で影響し合ながら、それを見守る親同士も影響し合っているのだろう。
「わらべうた」や「絵本」、そしてここあんという「場」がそうして親子の成長を支えているのだとしたら、嬉しいな。

お子さんが「あぶぶ」や「とことこ」の最中、お母さんの膝を離れ、どこかへ行ってしまったとしても、無理に引き戻さなくていいのです。
お子さんに「見ているよ」オーラを出しつつ、わらべうたはおかあさんが覚えて帰ればよい。
私はそう思っています。
お子さん自身が自分の意思で「あぶぶ」や「とことこ」に来ているわけではないのですもの。
お子さんたちがお膝を離れるとき、それは外への興味が膨らんでいる証拠。
無理強いするのでなく、理解しつつそっと引き戻してあげられると良いですね。
大丈夫、お子さんは安心できる場所に必ず戻って来るはずです。

自分の意思でここに来ているんだな、と感じられるようになるのは3歳を過ぎ、4歳がが近くなってからだろうか。
そこまで通って下さると嬉しいですね。








[PR]
# by coco-an | 2017-09-17 09:49 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)
歌子さん・ピン太郎さんを見送ったのは一昨日の午後。
仕事したり、誰かとお喋りしたり、何かと忙しくしたあと、静かな時間がやってくると、響いてくるのは歌子さんの声。
♪えがお えがお 君の・・・(しあわせのはかりかた)
♪もっこもこ〜 ひつじぐもだよ・・・(もっこもこ)
♪ママのこころも〜(ほっぺにちゅっちゅっ!)・・・
こうして私の耳の底に響き続けるくらいだもの、小さな人たちの耳の底にもきっと響き続けているのだろうな〜。
歌声が残すものは大きい。
d0131255_08173006.jpg
歌子さん、こんな本を書いていらっしゃるくらいだもの、さすが、伝わる声なんだね。

以前、賢治の学校の鳥山敏子さん(故人)のWSを受けたとき、声や言葉だけではない「伝える」力(気のようなもの)が必要なことを知った。
ずらりと並ぶ背中を向けている人に向かい、この人って思う人に呼びかけてみる。
呼ばれた方は、「自分が呼ばれた」って感じたら振り向く、というWS。
案外、というかほとんど思う人には声が届いていないものなのだ。
これは声が大きいとか小さいという問題ではない。
相手に届く声、相手に届く言葉。
本当の意味での会話をどれだけしているのか、日頃、薄っぺらいうわべだけの、言葉というにはほど遠い文字の羅列のような会話ばかりをしていたんだなあ〜って思った。

さて、歌子さんの言う「伝わる声のつくり方」はどんなのかな?
本が届くのを楽しみに待っている。



[PR]
# by coco-an | 2017-09-15 08:31 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

てぬぐいが届きました

富貴万福末繁盛てぬぐいが入荷しました。
(入荷って、お店やさん用語、使ってみたかった〜)
d0131255_19241621.jpg
d0131255_19242868.jpg
てぬぐいとわらべうたのCDをセット販売するのが良いかも・・・と目論み中。
d0131255_19243916.jpg
わけあって写真掲載できませんが、アトリエABさんのお手玉も入荷しました。

どちらも数に限りがございますので、お求めはお早めにね。


[PR]
# by coco-an | 2017-09-14 19:28 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

佐々木先生を偲ぶ

佐々木先生の新しい著書をやっと手に入れました。
中川李枝子さんの「一家に一冊、置きたい本」という帯に書かれた文章に頷くばかり。
パパになった息子たちにプレゼントしようかな・・・。
この本は、「借りて読む」ではなく、買い求め、手元に置き、折々に読むことをオススメします。

「はじまりは愛着から」
このタイトルが伝えるメッセージは深い。


[PR]
# by coco-an | 2017-09-14 12:17 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)
雨も上がり、徐々に気温の上がったここあん。
子どもも親も、出演者も、みんな汗びっしょりになりました。
(暑くてごめんなさいね)
聴いて、歌って、弾んで、触れて・・・たっぷり楽しんだ一時間でした。

ここあんにいつも来ている人たちも、ちょっぴり緊張の面持ち。
初めての人は「一体ここはどこ?なにするの?」って眉間にシワを寄せていたのだけれど、そうした小さな人たちの表情がふっと穏やかになり、笑顔に変わる。
ひとり、またひとり、その顔が変わっていくのを見ているのが楽しかったなあ〜
d0131255_07371047.jpg
次々にピン太郎さんが繰り出す不思議な音を出す物体にみんな釘付け。
d0131255_07372274.jpg
最年少(もうすぐ3ヶ月)さんは打楽器の洗礼を静かに受け止めていましたよ。

♪笑顔 笑顔 君の笑顔が 僕の幸せのはかりかた〜
最期にみんなで歌ったのは大好きな「幸せのはかり方」。
名曲だ。

さあ、今日もみんなを笑顔にしちゃいますよ〜。
WS二日目は午前10時半〜 ここあんにて開催します。



[PR]
# by coco-an | 2017-09-13 07:54 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)

ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an