つかのま

あらこれとせねばならぬことがあるのに、できぬ。
その上昨夜から鼻水じょろじょろ〜。

夫も孫一家も所用でお出かけ、「やれやれ・・・」つかの間のひとりジカンを満喫。
(ひとりじゃなかった〜、94歳はご在宅)

コーヒーを淹れ、黒糖ショウガでジンジャーコーヒー。
うまし。
つまり気味の鼻やイガイガする喉が喜んでいる。

先日、メガネを新調しようといつものメガネ屋さんで視力を測ってもらったら、「近視のほうは全く悪くなっていないですね、きっとこれ以上は悪くならないでしょう。」と言われてちょっと嬉しかった。
元々目は良い方だったけど、車の運転時のみメガネの必要が出てきて、その後、パソコンやパッチワークを始めた頃から急激に悪化、30代半ばには終日メガネを着用するようになった。
免許更新のたびに「また近視が進みましたね」とメガネを新調し続けてきたけど、今回はその必要なし。
ところが・・・「老眼は進んでいますね」
確かに手元が見えづらい。
爪を切るとき、針に糸を通すとき、メガネを外さなきゃいけないもの。
結局、手元がはっきりと見えるように調節してもらい、メガネを新調しました。
新しいメガネ、フレームも変えたのだけど、縁なしだからでしょうね、誰も気づきません。
新しいメガネ、よく見えます!
これで、針に糸を通すときも楽勝です。
d0131255_16094957.jpg
メガネケースは珍しくピンクをチョイス、メガネ拭きはドット柄です。

何かと気ぜわしい年度末。
つかの間を上手に見つけて気分転換し、乗り切っていかなきゃ〜





[PR]
by coco-an | 2018-03-24 16:12 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://cocoraku.exblog.jp/tb/26599838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サンデーKU at 2018-03-24 18:36 x
還暦祝いだの老眼だのと、徐々にお近づきアソバサレルようで嬉しいです。
Commented by coco-an at 2018-03-26 07:28
お近づきにはなりたくはないのですが・・・。
仕方ないですね。

孫たちを見ていると、ものすごいスピードで出来ることが増えています。すごいなあ〜と感心するばかりです。
それと反対に、私はこれから出来ないことが増えていくのだろうなあ〜と、ぼんやり考えます。
それを受け入れつつ、楽しく過ごしていきたいです。

幸いにも老いをもろともせぬお手本のような先輩がたくさんいらっしゃるので心強いです。