カテゴリ:イベント報告( 290 )

孫の熱が下がり、無事保育園に送り出した(やれやれ・・・109.png
大家族の洗濯を終え、急ぎここあんへ向かう。
今月も「お外遊び」が開催できて嬉しい〜

小さい人の気の向くまま、足の向くままにブラブラ歩く。
d0131255_08384614.jpg
自由だから、どこででも遊び始める。まあ、車も来ないし、いいか。
d0131255_08383604.jpg
バケツの中を見せ合って、ひみつの会議中「ほら、これ良いでしょう〜」

2歳のMちゃん、誰かにバケツを手渡す時、必ず自分のバケツからおすそ分けしてくれる。
「分かち合う」ことを心得ている様子にほっこりしちゃう。
d0131255_08385438.jpg
セレンさんが美しい葉脈の見方を教えてくれましたよ「細胞まで見えるね」
いろんな葉っぱ、いろんな緑、いろんな手触り…みんな違うけど、みんな美しい〜

晴天だったので木陰に入った時のひんやり感が嬉しいお散歩タイムとなりました。

次回開催予定 6月28日(木)10時半〜お昼頃
参加費 親子一組 500円
原則お弁当(パン・おにぎりなど簡単なもので良いです)持参
天候により雨具、着替えを持参
事前のお申し込みをお願いします



[PR]
金曜日コースの”あぶぶ”報告。
5月ですから・・・
d0131255_08283750.jpg
♪よもぎしょうぶのしりたたき〜
あぶぶとはいえ、みんなあんよができるちびちゃんばかりでしたので、ちょっと遊んでみました。
まあるく輪になって座り、よもぎしょうぶを持ったオニ役がその周りをぐるぐる回ります。
もちろん歌を歌いながらです。
そしてお尻をポンポンされたら次のオニ役に交代です。
d0131255_08333482.jpg
「まめちゃん」を使ってまめにちなんだわらべうたも歌いました。
d0131255_08341693.jpg
今月のおやつは「米粉のスノーボール」
みおごはんさんから届くおやつ、いつもほっぺが落ちちゃうくらい美味しいです。

来週は火曜日コースのあぶぶを開催予定。
午後には「おなかのなかからわらべうた」も予定しています。
どちらも参加者募集中!

※「よもぎしょうぶ」と言いながら、ここあんに菖蒲はないのでよもぎと南天、菖蒲に似た葉で代用です。


[PR]
わらべうた遊びの後、絵本を3冊ほど読むことにしています。
その時の参加者を思い浮かべながら選書します。
絵本が子どもたちの心を捉えて放さないようなとき、「よし!」と心の中で小さくガッツポーズしますが、3冊ともバッチリ、ということはなかなかありません。
絵本から気持ちが離れてしまい「とことこ」とどこかへ行ってしまうようなときもあり、2勝1敗とか1勝2敗というのが通常です。
子どもは正直です。
みえないというだけでそっぽを向くときもありますし、何とかこちらを向かせようと読み手が力むと「結構です」と引いてしまいます。

4月のとことこ、選書はバッチリでした(自画自賛)
d0131255_17174539.jpg
絵本の力に助けられ、子どもたちはみな3冊それぞれの世界を堪能できたと感じました。

絵本は食事と似ているなと思います。
読み手の心境は、食事を作って家族に食べさせるのと同じようだと思うのです。
きれいに食べてもらえたときの満足感のように、最後までしっかり目を離さず聞いてもらえた時、胸が一杯になります。
「もう一回」などと言われるのは「おかわり!」と同じ。

とことこが終わって数日経つけれど、私はまだ幸せな気持ちでいます。
ありがたいことですね。

[PR]
昨夜はわらべうた研修会の総会でした。
昨年同様、知恵さんを講師に、総勢50名の大人が真面目に遊びました。
d0131255_07574053.jpg
新年度は公会堂の春のお祭りに参加したり秋の文化イベントにも協力参加することが決まり、自主おさらい会的な活動から外へと向かって行くような兆しも感じられます。

わらべうたに興味のある方なら、どなたでも入会できます。
鳥取県西部地域に住む皆さんがほとんどですが、松江の会員さんもじわじわ増えています。
お問い合わせはここあんまで。

[PR]
外遊び初の遠足に出かけました。
参加者は、親子3組 大人5名
お天気があまりに良すぎて日差しも強く暑かった〜
d0131255_08100885.jpg
1歳10ヶ月のSちゃん、自分の足で全行程を完歩!すごい!
d0131255_08095660.jpg
お台場公園の灯台、普段は閉まっているのですが、桜祭りの最終日だったので上がることができました。
d0131255_08094272.jpg
いつもならバケツを持って歩き、見つけたものを持ち帰りますが、この日はセレンさんの大きなお弁当箱に見つけたものを入れさせてもらうことにしました。
d0131255_08101884.jpg
ここあんへ帰ってから、拾い集めたお花や実、葉などについてセレンさんに教えてもらいました。
お花がいろいろあったのでちえさんに♪ひとつひらいたふくじゅそう〜(花の数え歌)を歌ってもらいました。

ゆっくり歩きながら、たくさんおしゃべりをし、綺麗なもの、珍しいもの、同じものに共感しあう。
暑かったり喉が渇いたり、少し疲れたなと感じたり、自分の体の声に耳をすます。
街の中であっても、自然の中で過ごすことでしか感じられない大切なことがあるのですね。
子どもたちとのんびり歩くからこそ気付ける、発見できる、素敵な時間だったな〜

参加者の皆さん、ちえさん、セレンさん、ありがとうございました。

[PR]
1月、2月とふた月もお休みしてしまったあぶぶ金曜日コース、
「お久しぶり〜」、ママの声とともに、グンと大きくなったお子さん達が笑顔でやってきました。
あれあれ?ハイハイしていたはずの人がママとお手手つないでしっかり歩いて来るではないですか。
「びっくり〜、歩くようになったんだね」
そしてまた、おしゃべりも上手になっていたり。
それはそれは見違えるほどの成長ぶりを目の当たりにして、小さなお子さんにとっての3ヶ月がどれほどの時間であったかを思い知らされました。
久しぶりの再会を喜んだのもつかの間、来月からはママは職場復帰、お子さんは入園で最終回となる方もあり、嬉しさと寂しさと入り混じった1日となりました。
d0131255_17164431.jpg
おやつは豆乳プリン、きな粉をかけて、ぷるぷるで喉越しも良く優しい甘み。
みんなで美味しくいただきました。
先日、食育アワード2018銀賞を受賞されたミオファティリティークリニック栄養管理部の皆さんによる手作りおやつは、いつも本当に美味しい〜。
ごちそうさまでした。

ここあんで親しんだ「わらべうた」をこれから益々忙しくなるお子さんとの暮らしに役立てていただけたら嬉しいな。
家の中が少々散らかっていたり汚れていようと、食事の準備が整わない日があっても、親子して笑って過ごせたら花丸。
保育園にお子さんをお迎えしたら、まずはたっぷり抱きしめて、お膝の上でわらべうた遊びなどしてみましょう。
言葉を持たない小さい人にこそ、どんなことより優先して、そうしてあげてほしい。
そう願いつつ、皆さんを見送りました。

[PR]
とことこでわらべうたを歌う。
まずは先月のおさらい。
そして大好きなお手玉遊びは「まめがいっこはねた」から「てんやのおもち」さらに「もちっこやいて」・・・
さいごは「お餅のかぞえうた」でお手玉積み。
d0131255_13134077.jpg
順々にお手玉を積んでいく”とことこ”のみなさん。
さすがに”あぶぶ”の皆さんとは異なり、そっと乗せることができます。
ただし、用心深く置く方あれば、ぎゅ〜っと押しつけて置く方あり、置いたが早いかさっと逃げる方あれば、そろそろ倒れそうだと察して躊躇する方もあり。

はじめは順番通りにできたが、その内順番などお構いなしになっちゃった。
積むのも崩れるのも楽しいのだけど、最後は積み上げたお手玉をそっと棚の上に移動させ、満足感をキープ。

いよいよ春が近いので、初「ずくぼんじょ」を楽しもうと歌い始めたところ、
「こんにちは〜郵便局です〜」の声。
みんなで玄関へお出迎え。
グッドタイミングで届いたのは・・・。
d0131255_13240377.jpg
みなみじゅんこさん作の新しい絵本「つくしはつんつん」
早速包みを開いて読みました。

全くの初見で読み始めたけれど、よく知っているわらべうただもの・・・と思ったら。
つくし、わらび、きのこ、ときて、さてその次が「あれ、なんだろうね???」
元気よく「うさぎ!」という声もあったりして(先っぽが二つに分かれているから)
私の思っているものとは確かに違うぞ、何だろね、わくわく。
ページをめくると・・・「は〜ん、なるほど」と納得の最後でした。

昨夜、わらべうた研修会でも「つくしはつんつん」を歌い、♪松露はしょろっと・・・で松露の説明をしたばかりでしたが、春は本当に色々「でるもんだ〜」ですね。

[PR]
やっと、やっと道路の雪も溶け(上道の路地には結構残っているものの)車を安心して走らせることができるようになった。
不運のあぶぶ金曜日コース、2度続けてお休みでしたが・・・。
火曜日コースの方々、ラッキーでハッピー!!
d0131255_07551422.jpg
こんな素敵なおやつが待っていたのですから。
チーズを使わないレアチーズケーキ風,ブルーベリーソース添え。
美味しすぎます〜。

さて、このおやつは皆さんご存じの通り、MFC(不妊治療で有名な)の厨房から届くのですが、そこで働く皆さんがすごい!!
食育アワード2018のファイナリストに選ばれ、本日最終決戦なんですって!!

「みおごはん」のみなさま、がんばれ〜っ!!!
「めざせ金メダル!」

わらべうたの方は、少々しまりのない感じになってしまい反省。
2歳未満の”あぶぶ”から2歳以上の”とことこ”へ進級した人もあり、ただ今参加者募集中。

[三月のわらべうたの会募集状況]
あぶぶ 第2金曜日10時半〜 数組受け入れOK
あぶぶ 第2金曜日13時半〜 定員に達しました
あぶぶ 第3火曜日10時半〜 数組受け入れOK

[PR]
「スキーウエアーまたは着替えの準備を!」と連絡し、裏庭にて雪の中での外遊び。
d0131255_07171084.jpg
ザラメ雪だから雪だるまもデコボコな感じ・・・。
d0131255_07162351.jpg
いつものバケツに「雪を詰めてみるよ」とセレンさん。
d0131255_07165586.jpg
雪のケーキにそれぞれお飾りをするちびっ子達。どれも素敵!
雪に埋もれたみかんを掘り出して「宝探しみたい〜」。そしてみかんの雪だるま。
d0131255_07172583.jpg
雪の洞穴遊び。恐る恐る入ってみるお子さんもあれば、お姫様気分で穴の中から指図するお子さんもあり。
d0131255_07163947.jpg
d0131255_07173645.jpg
これはお母さんの傑作。「わーい、楽しい〜」って雪だるまさんも言っていますね。
指先がジンジンするほど雪で遊んで、身体は冷えたけれど心はポカポカ楽しかったなあ〜。

次回、3月は22日開催予定となりました。


[PR]
新年初のわらべうたの会は、2歳以上のお子さん対象”とことこ”でした。
あいにく火曜日コースに変更される方が続出し、3歳のMちゃん、Mちゃん、そして付き添いの5歳のYくん計3名と大人3名での初わらべうたとなりました。
年の初めは「わらべうたカルタ」で遊びます。
カルタを並べ、わらべうたを歌い終わったらカルタを取る、というルールです。
えらいぞ、みんなちゃんと振り付きで歌います。
だるまさん、ズクボンジョ、などすぐ分かる歌を早く歌ってとねだられたりしながら楽しく遊びました。
そうそう、Mちゃんが狙っていたカルタを取り損ね大泣きする場面がありました。
またそれをクールに見ている同い年のMちゃん、面白いなあ。
泣きたいときは、周りがどんなになだめても本人の気持ちがおさまるのを待つしかないのでしょうね。
やがて気を取り直し、カルタ取りに復活したMちゃん、いっそうやる気をみなぎらせ最後までやり遂げました。

泣きじゃくるMちゃんをみて、”あぶぶ”の頃のMちゃんを思い出していました。
1歳頃だったと思います。
サービス精神豊富なMちゃん、欲のかけらもなくて、お友達に「どうぞ」をするのが大好きな女の子でした。
たとえ「いらない」と受け取りを拒まれても、「どうぞ」を繰り返し、だれかに受け取ってもらうのが嬉しいMちゃんでした。

子どもにとって、泣きたくなる出来事は日々あるでしょう。
悔しかったり、悲しかったり・・・、嬉しかったりもね。
その感情を大切にしたいものです。
子どものピュアな感情を美しいと思うと同時に、そうした感情を失っている自分に気づいて寂しく思いました。

カルタを頑張ったみなさんに、ご褒美をあげました。
d0131255_09262032.jpg
転んでも起き上がる「だるまさん」のお饅頭。
(この日だけ特別です。火曜日には残念ながらもうありません。)

私もこの一年、だるまさんのように転びながらも起き上がってなんとか過ごしたいと思います。




[PR]