カテゴリ:嫁のぼやき( 9 )

我が家の長老M子さん、満94歳。
ひ孫が生まれる前(1年前)、怪しかった行動(ぼんやりとして何日も風呂に入らない、着替えをしないでパジャマで過ごす…などなど)もすっかりどかかへ吹き飛ばし、絶好調。
孫効果抜群で、孫の声を聞きつけると瞬時にリビングへお出ましになる。
「ご飯よ〜」の声は2、3度呼ばないと聞こえないのに、ね。

とはいえ、誰もいない時、足腰は弱っているので「一人で外へ出ない」を約束に自室でおとなしくしているはず。
これまでに数回転倒しその度に骨折しているんだから、「転ばないように気をつけて過ごす」ということを生活目標(ケアマネさんによる指導)にしているのだ。
実際に、デーサービスにいかぬ日、部屋を覗くと大抵ベッドやソファーで寝ている。

ところが、この頃ちょっと怪しい。
まず、衣変えをしていない(私が)のに、春の衣装をどこからか引っ張り出して来ている。
(これはデーサービス効果。ベストも見たことないものに変えている。)
次に、これは大問題なんだけど、靴が出したままになっていることがある。
(デーサービスから帰ったら、脱いだ靴を私が下駄箱の下に必ずしまうことにしている。)
「あれ?しまい忘れていたのかな」と思ったのだが、靴の先には土が付いているじゃないか。
むむむ・・・。

誰もいない時に転んだら困るので、一人で外へ出ない、というのはここ数年来言い続けてきた。
屋内では歩行器を使い、外出時は老人車もしくは必ず介添人が手を引くことにしているのだ。
なのに、これが守れないのが長老さま。
最近、孫に近づく時、腰を曲げ、手放しでよろよろ歩いては周囲から注意を受けることが目立っていたしなあ〜

今朝、ついに私は証拠をつかんだ。
なんと、駐車場の後ろ側に草を抜いた痕跡発見。
やっぱり、一人で外へ出て、駐車場まで歩いてきて草を抜いたんだな。
以前なら外用の老人車が玄関に置いてあったからその気になればそれを押して歩くことは可能だったが、今は一人で出歩かない決まりだから老人車は物置にしまってある。
つまり、ヨロヨロしつつ杖一本で外へ出たことになる。

く〜っ!!
思わず歯ぎしりする嫁である。
実際私も家の周りの草を抜かねば、と気にしていたものだから、それを長老さまにしてやられたことへの歯ぎしりに他ならぬ。
長老さまの部屋のゴミ(毎度大量の鼻紙)を捨てつつ「草を抜く元気があるなら自分の部屋のゴミ出しでもしたまえ!」と心の中でこっそり反撃。
今日は靴を見つからないところに隠しておこうかしら。
陽気も良くなり、これからまた長老さまとのバトルが繰り返されるのだろうなあとひとりため息をつく。
あ〜あ。




[PR]
「夢じゃあ、ほんのことじゃあわからんだいって・・・」
で始まる94歳のつぶやき。
「あんな、○○さんが来たと思え。あそこ(デーサービス)にな」
そこで出会った人をかつての知り合いだと言い、それを繰り返し訴える。
自分自身も半信半疑のようで「夢だあかなあ〜」などと言いつつ、そのことが頭から離れない様子で連日同じ話を繰り返す。

昨年末に急逝した母も同じ話をエンドレスで語る癖があったが、こちらはまた妄想が加わり、聴くたびに話が膨らんでいき、黙っていると2時間でも語り続けるというエネルギーあふれるものだった。

タイプは異なるけれど、二人の高齢者に共通するのは自分に都合良く物語を構築するということ。
不思議だけれど、世界が自分の知っている人間関係の中だけで完結してしまうみたい。

今朝も「あ〜は、夢らっただあかなあ〜」
朝食をとりながら例の話がリフレイン・・・。

己もやがて行く道かしらと思いつつ困惑する94歳の顔を見つめる。

[PR]
まもなく94歳となる大婆さま、腰痛が本格化しつつあるなあ〜
こうなると、一気に病気モードに突入の予感。
ぼやいても仕方ないが、嫁さんはいよいよ囚われの身となる。

これまでも、その度に私の予定を変更し、時間をやりくりし、ストレスを溜め込みつつ世話をするということを繰り返してきたけれど、なんだかなあ〜、もう、つくづく嫌になっちゃった。
こんなこと言っちゃいけない、言ってもどうにもならない、そんなことは百も承知だけれど、一体いつまで私の時間を捧げれば良いのか・・・と思ってしまう。

嫌な予感は的中し、朝ごはんにヨロヨロお出ましになった大婆さま、「アイタタ・・・、イタタ・・・」のみならず、表情がすでに病人モード。
こういう時は目を合わせたら終わり。
泣き言を言われ、今日1日を棒に振ることになる。
ゴミ捨てに忙しい振りをして、「見えませ〜ん、気づいてないで〜す」とバタバタ立ち居振舞う嫁。
その後、恐ろしく静かな時が流れたが、さあ、大婆さまの朝食が終わった様子に急ぎ食器を片付けにテーブルへ行くと、間髪入れず「まりこさんも忙しいだろうけど、病院に連れて行ってもらわないけんわ」と言い放つ。
しまった・・・。
これを言わせてはならぬと、昨夜から夫に事前レクチャーを頼んでおいたのに、効果なし?
「病院に行っても痛み止めをもらうくらいなことだけん、家で安静にしている方がいい」とか
「ばあちゃんの腰痛は、何しても治らんのだから、日にち薬で治っていくのを待つしかない」とか
可愛い息子にしっかり説明されたであろうに、やはり無意味であったか。
年に数回繰り返す攻防戦、今回も完敗。

「はいはい、分かりました。病院に行って治るわけじゃないけど、行かないと気が済まんのだね」
嫌味を言ってしまった後で、後悔す。
言った自分が一番嫌な気持ちになるんだからね。

午前に予定していたことを後回しにして、朝食が終わるとかかりつけの開業医さんへ
9時には着いたと思うけど、予想以上に時間を要し、痛み止めと湿布をもらい帰ったのは12時半。
疲れた〜。
大婆さま、たった一言「やれやれ、ご苦労さん」・・・って、私の半日丸つぶれって分かってない。

さて昼からは銀行、市役所、郵便局、携帯電話屋さんをはしご。
どれも時間を要す。
実は年末にもう一人の大婆さまを亡くし、諸手続きをあれこれと。
書類に、幾度となく母の名前、生年月日、亡くなった日付を書く。
書きながら、ふと思い出すあんなこと、こんなこと。
何しろ突然のことで、母が亡くなったという実感がないまま過ごしている。
誰の手も煩わせることなく、ひとり静かに旅立った母を思い、「アイタタ、イタタ・・・」のばあさんが一層憎らしい。

赤ん坊や高齢者、そして病人など、誰かのお世話をするってことは、己の時間を捧げることだ。
そしてそこには「愛」が必要なのだと思う。
どんなに時を捧げても、惜しくない時間があり、反対に惜しくて堪らない時間もある。

私のように了見の狭い人間は、捧げるのが惜しい時間に振り回されてしまいがちで、それが自分でも悔しいけれど、こればかりはどうにもならない。
d0131255_09282565.jpg
南無妙法蓮華経を唱えつつ、せめてもの詫びにと札打ちす。







[PR]
「またひとつ、歳をとったなあ〜」と93歳のお言葉。
お正月が来て、数え年でいうならば95歳ということに。
アイタタ・・・、イタタ・・・、と腰が痛いはずだったが、ひ孫の登場で腰痛も何処へやら
「こ〜とみちゃ〜ん」
「メイちゃ〜ん」
「ばあばあだよ〜、ばあばですよ〜」を連呼す。

食欲もバッチリ、お雑煮は皆と同じく二つをぺろり。
食事、お茶(おやつ)、食事、お茶(おやつ)、食事、お茶(おやつ)・・・の繰り返しに全参加。
以前は「ご飯が食べられんようになるけんおやつはいらん」と言っていたのだが・・・。
食事とお茶との合間にミカンまで食す旺盛ぶり。

元気なのは良いけれど、調子に乗りすぎて昨日はイエローカード続出。
嫁さん(私ね)にホイッスルを吹かれる緊急事態にも知らん顔。
ぬぬぬ・・・。

例えば、
老人車を押し歩くおばあさんの足元を興味深そうに眺めるひ孫(ハイハイ姿勢)に向かい、
「面白いかや〜」と言って、すぐ目の前で「ほ〜れ、ほ〜れ」と老人車を動かしてみせる。
若い両親の「あ、危ない!」という声に慌てて近づくと、そのような有様なので
「おばあさん、メイちゃんに当たったらどうするの!」思わず注意するも、知らん顔。
実はこれ、初めてではない。
耳元ではっきりと「車を動かしてみせるのは危ないからやめてね」と諭すも、しれ〜っと聞こえぬふり。

また、食卓のテーブルにて、こっちゃんが下に落としてしまった木のおもちゃ(口にくわえて遊ぶので、拭いてから渡そうと手の届かぬところに置いてあったもの)をいきなり赤ん坊の席めがけてテーブル越しに滑らせつつなげる。
勢いよすぎて猛スピードで飛んできたおもちゃをママが素早くキャッチしたから良いものの、一同「あっ!」と息を飲む。
孫(パパ)に「なに恐ろしいことするかいな」とぼやかれるも、またまた知らん顔。

・・・というようなことが頻発。
台所に立ちつつも、ひ孫に何か被害が起こらぬか、気になって仕方ない。
大きいおばあさん、いたずらが過ぎて困ります。

そんなこんなで、なんとなく、無意識に、ひ孫ふたりを幾分婆さんがら距離を置き気味に遊ばせることになる。
ちょっと気の毒に思いつつも、まあ、自業自得ですからね。

新年早々、初ぼやき。





[PR]
「ちょっこし、これ(カイロ)貼ってごいて」と、ばあちゃん。
この前まで、毎日湿布を貼っていた場所(背中)、今後はカイロの定位置になる模様。
今日はありがたいデーサービス。
紫色のスカーフなど首元に忍ばせる93歳。
凍える寒さもなんのその、ブーツを履いて「いっていらっしゃい〜」

昨夜はひ孫が里帰りから戻り、「メイちゃん、メイちゃん、メイ子ちゃん!」と大興奮。
宅急便さんがピンポン!しても知らん顔(いつも居るのになぜか不在票ばかりが届いている)なのに、メイちゃんが来たことはすぐ分かるんだから・・・不思議。
この前までばあちゃんに声をかけられるとニコニコしていたメイちゃんだが、どうやら本格的な人見知りが始まり「考える人」になっちゃった。
いつもの調子で「メイちゃ〜ん」と近づき、泣きっ面されて戸惑う93歳。
仕方なく遠くから、「メイちゃん、メイ子ちゃん〜」と呼び続ける。
「ああ、ほ〜らな。自分のことだと思うしこで、こっちみいがな、なあ〜」
「メイちゃんかや〜、メイちゃんだな〜」
これを夕食中、エンドレス・・・。
「もしもし、ご飯がこぼれていますよ〜、ちゃんと食べてください。」

やれやれ。
年末年始、0歳と93歳が集う我が家。
子育て支援と高齢者介護、ダブルケアーが待っているのだわ。




[PR]
めでたくも我が家の93歳は、このたび要介護3から要支援2に回復(復活)を果たしました。
赤飯でも炊かねばならぬのかもしれぬが、素直に喜べぬ、いけない嫁です。
自分のことが自分でできるのだから、感謝せねばなあ〜と分かってはいても、日々・・・な心になるのは高齢者様と共にくらしている者にしか分からぬであろうなあ〜。
しかしそれは相手(93歳)も同じことであったのか・・・。
昨日、包括センターの担当者様と面談しているとき、こんなことを言っていた。
「家族には色々と良くしてもらって、こうして家で暮らせますから、感謝しております。口には出しませんが、いつも心で思っております。」ですって!
この家族、というのにはもちろん私が入っているのでしょうね、おばあさん!

その93歳の元気の源は、なんといってもひ孫たち。
センターの職員さんに「これからの目標は何にしましょうか?」と問われ
「ひ孫たちが成長するのを見るのだけが楽しみですわ」ときっぱり。
そこで職員さんが、「それなら、ひ孫さんたちの成長を見るためにも、毎日転ばないように注意して暮らすのを目標にしましょうね。」と目標設定す。

さあ、今日はデーサービスよおばあちゃん。
転ばないように気をつけて行きましょう。

小さいばあさんも孫たちの成長が楽しみ。
d0131255_09220645.jpg
頭の大きさが分からぬので、大きさを変えて色々編んでみた。
どんぐり帽子がマイブーム。



[PR]
子どもたちが「あ!いいこと思いついた!!」っていう時、大人たちは「もう思いつかなくていいです〜」って(散らかるばかりだから)心の中でつぶやいたりするのだが。
お年寄りさんも同じです。
見えると気になる。
気になるとじっとしていられない。

例えば、我が家の93歳の場合。
洗濯物が干したままになっている(夕暮れに)と、「取り込まなくては」と思うらしい。
確かに去年までは彼女の仕事であった。
けれど今は杖や歩行器を頼りに、己の体を支えるだけで精一杯の身となったのだから、両手を使う作業はできない。
無理すればできるだろうけど、転倒リスクは避けられない。
今年の春、玄関で靴を脱ごうとして転倒し右肩骨折となって以来、
「靴は座って脱ぐ、履く」
「歩くときは必ず歩行器を使う」
「一人で外に出ない」
というお約束に従い生活しているはずなのだが・・・。

ふと窓の外を洗濯物がヒラヒラしていたりすると、お約束も何処へやら
テラスへ出て(それも室内履きのまま148.png)洗濯物を取り込み(室内物干しに掛け替える)、外へ出てしまうと次には草が生えているのに気づき、これまた見て見ぬ振りはできぬようで草を抜いてみたりするのだ。

さて、仕事から帰ってみると、「あれ?なんだかおかしい・・・」
私の五感が「危険!危険!異常事態発生!」のセンサーを鳴らす。
まず、キッチンの流しの前(床ね)がザラザラしており、「あ、外へ出たな」と気づく。
案の定、洗濯物が取り込まれ室内でヒラヒラしている。
テラスへと向かうとテラスの入り口は砂だらけ。
「ヤラレタ〜」
外へ出てみると草を抜いた痕跡。
「ムムム・・・」
その後、家の中を点検す。
室内履きに砂をつけて移動しているから、93歳の動線は、じき解明される。
怒り心頭なのをぐっとこらえ、代わりに掃除機をブインブイン唸らす。
おや?お風呂場にも行ったか?
「キャ~っ!」
砂だらけのズボンを洗濯機に入れるなんて108.png、許しませんよ!!

この一件以来、帰りが遅くなるときは、どんなに天気でも洗濯物を外には干さないことにしてあるの。
できないことを増やすのは気の毒かしらと思いつつ、「お気になさらず、そのまま、そのまま」と日々念ずる私。





[PR]
自らの老後のために記録しておこう。
老人、と呼ばれるようになったとき、気をつけたいあれこれ。

○指をなめた手で新聞をめくらないこと
○食事中、歯に何かはさまったとしても、箸や指で取ろうとしないこと(食卓で入れ歯を外すなど以ての外)
○食事中、ぺちゃぺちゃくちゃくちゃ・・・音を立てないこと
○お皿やコップ、器を持つときは両手で支え、無理に片手で持たないこと(指を引っかけるのは美しくない)
○文句、否定的な言動より感謝の言葉を多用すること
○鼻をかんだティッシュでテーブルを拭かないこと
○言い訳は見苦しい
○出来なくなった(なる)自分を受け入れること
○他人に干渉しないこと
○笑顔で暮らすこと
○自分の今を第三者的に見る努力をすること

あ〜、すっきりした。


[PR]
腰痛でうつうつとしているばーちゃんに最近毎日言うことは
「髪、とかした?」
(私自身も手櫛だけの横着物の癖にね)
だってさあ〜、頭の後ろがもじゃもじゃなままなんだもん007.gif
毎度毎度言うの方もおっくうなので2回に一回は見て見ぬ振りをしてやりすごすのだけど
さすがに病院に行くときや息子たちが来てるときは知らん顔も出来ない。
最近は、ジェスチャー(髪をとかすしぐさ)で本人に気づいてもらうようにしたり
嫁さんって、ホントに大変なんだ。
しかしやはり、年だから仕方ないなあとぼやいて
部屋の扉に「身だしなみに気をつけましょう」と大きく張り出す作戦とか
毛糸の帽子着用作戦などかんがえていたが
昨日より、なんと自力で髪を整えて登場005.gif
およそ2週間、言い続けた結果と喜ぼう。

身だしなみって大事だわ
ちきんと整えられてこそ、他者と向き合え、調っていくものなのだろう。
ぎくしゃくしていた会話が成立しはじめた。

家の中もきっとそうだね
面倒くさいけど、整えておかないといけないね。

[PR]