カテゴリ:孫日記( 51 )

おばあちゃんはおもちゃ屋さん

おもちゃ屋開業から一年。
「在庫を抱えないおもちゃ屋」として、細々と商売をさせていただいておりますが・・・、孫たちがおもちゃ遊びを色々楽しめるお年頃に突入し、つまり、「おもちゃの出番がついに来た〜!!」とばかりに、あれもこれも試したくなって困ります。
で、結果的にここあんのおもちゃが増えるという事態になるわけです。
今までここあんに無かったけれど、欲しかったおもちゃ、例えば、こんなのを注文してしまう。
d0131255_14535213.jpg
言い訳:お客様からの注文も含まれております

孫と過ごしてみて、この素敵なおもちゃを楽しめる年齢は、今だ!と実感いたします。
もちろん高価なおもちゃでなくとも、似たようなことを体験させてやることは工夫次第で可能です。
けれども、幼い子どもの興味関心を知り尽くしたその道のプロが安全性を担保した上で、その興味関心を最大限に引き出してくれる頼もしい相棒として生み出したおもちゃという作品はやはり素晴らしい。
そうしたおもちゃたちと必要な時にであえること、思う存分向き合えること。
それは子どもにとって幸せなことだと思うのです。
ここあんに備えているおもちゃたちは、そうした私の願い、信頼に値する価値あるおもちゃばかりです。

おもちゃを介して、孫の成長を実感する毎日ですが、特に「できた」という瞬間に立ち会える喜びは格別ですね。

さて、1歳5ヶ月のめいちゃん、ずいぶん指先が器用になってきました。
そこで、こんなおもちゃを仕入れてみました。
d0131255_15155339.jpg
カチカチボールです
d0131255_15141183.jpg
家に来ているとき、最近のめいちゃんが必ずはまるのは、パパやおじちゃん(パパの兄)が子どもの頃使っていたヨーヨーです。
ヨーヨーはできないので、転がしたり、ジイジに技を見せてもらったりしていましたが、あるとき、分解できることを知りました。
左右の丸いお皿をねじってクルクルまわして外し、真ん中の小さなリング(糸が結わえ付けてある部分)を外し、バラバラにします。
すぐまた小さなリングを注意深くヨーヨーの軸に差し込み(かなり細かい作業)、外した反対側のお皿をはめ込む。
これを延々繰り返します。
上手くいったり、いかなかったりしますが、「あん!」と助けを求められれば、誰かが手助けしてやり、根気よく遊びます。
時折いらついて、放り投げてしまうので、要注意。

さて、おもちゃ屋ばあちゃんの思惑通りカチカチボールで遊んでくれるでしょうか?
パーツは全部で5つ。難易度高めです。
楽しみ、楽しみ〜。


[PR]
by coco-an | 2018-10-17 15:42 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

成長のとき、それはまるでスポンジのごとく

先週、久しぶりに顔を見せてくれたこっちゃん(もうじき1歳5ヶ月)は、人見知りの泣きべそさんの面影はどこへやら、すっかりお姉さんの貫禄で、初めて会う人にも愛嬌を振りまく成長ぶり。
自分からとことこと近づいていき、ニコッ!
目が合えば更ににんまり〜。
親子三人で旅行に出かけた後のこと、「旅行ではじけた」というのかしら?
きっと親子で一緒に過ごした時間、安心と喜びの中、外の世界とたっぷりふれあって大きく成長したのかも知れませんね。
短い期間とはいえ、バカンスの効用でしょうか。
仕事が忙しく留守がちな息子(パパ)とずっと一緒に居られること、それはママにとって何より嬉しいことだったでしょう。
そうした幸せ感も、こっちゃんをぐんっと大きく成長させる鍵になったのかも知れません。
バカンス万歳!です。

こっちゃんよりひと月小さいめいちゃんもまた目を見張る成長ぶり。
この頃は「バーバ、バーバ・・・」と言いながら私を探すそぶりなど見せるので婆は感激!
分かってやれないことも多いけど、色々とおしゃべりします。

「コッコッ・・・」
「コッコ?にわとりさん?」
違いました。ビー玉を転がすおもちゃ(コロコロ)で遊びたいということでした。
おもちゃを近くに持ってきて「めいちゃん、コロコロしてごらん」と言うと、「コッ、コッ」と嬉しそう。

ここあんの時計がいきなり時を告げ、驚くめいちゃんに「時計だよ、カチコチ」と時計を見せてやると、「カッカッ・・・」と言いながら振り子に会わせて自分も身体を揺らします。
そうそう、「カチコチ、カチコッチン、お時計さん〜だね」と一緒に身体を「カチコチ、カチコチ」と左右に振って一時遊びました。
以後、時計が鳴る度にハッ!という顔をするので、時計の前に連れて行き、振り子を眺める婆と孫。

めいちゃんを見ていて気づいたのですが、子どもは驚きや感動、喜びといった感情とともに言葉を覚えていくようですね。
言葉を獲得するためには、繰り返し入力される音としての言葉の数(量)、それは語りかけや言葉かけの機会やタイミングを指しますが、それが重要だとばかり思っていた私の考えを少し変化させました。
たった一度であっても、その子ども自身の心に響く出来事と言葉であれば覚えてしまうこともあるんです。
すごい。
ちょっとこれは、アートスタートに通ずる感覚だなと思って、この現象を私なりに整理し、更に検証する必要性を感じています。

大人の在り方、関わり方次第で子どもの成長の仕方も変わるのですから周りの大人は責任重大。
そしてどんなことでもスポンジのように吸収してしまう幼子たち。
分かってはいたことですが、孫たちを通じ、あらためて乳幼児との関わり方を見つめ直しています。





[PR]
by coco-an | 2018-09-16 10:01 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

言葉が生まれる

言葉らしい単語は「マンマ」くらいなものだっためいちゃんが、はっきりと「ハッパ」と言いました。
残念ながら「パパ」ではなく、葉っぱ(笑)です。
それらしい言葉はこの他にも「ワンわ」(ワンワン)
「・・・わい〜」(かわいい〜)など言いますが、「葉っぱ」はきっぱりはっきり言えます。
「ママ」も「パパ」もまだ言わないのに緑の葉を見ると「葉っぱ」と言うのだから、面白いですね。

外が大好きなめいちゃんは、盛んに外を指さして「あん!(あっちに行きたい)」を繰り返します。
このところ夕方になっても蒸し暑く、蚊の餌食になってしまうので、ゆっくり散歩できないのが残念でなりません。
少し前までは、木の葉や草を触らせようとすると「あん(いや)」と手を引っ込めてしまうめいちゃんでしたが、歩けるようになってから自分で触ろうとするようになりました。
不思議だなあ〜。
それまでは、「ほら、綺麗なお花だね〜」と花をめいちゃんの方へ近づけると興味はあるけれど決して手は出さなかったのですよ。
そのくせ、何か見つけると指さして見せろと盛んに言うのです。
(ばあばが触ってごらん、っていう感じ)
だからその度に「大きい葉っぱだね〜」「ツルツルの葉っぱだよ」「葉っぱ、綺麗な色だネエ〜」と葉を揺らし、引っ張ってみたり、語りかけ、ばあばとの散歩はハッパ探検でもあったかな。
雨上がり、水滴を蓄えた葉っぱで遊ぶのもめいちゃんの楽しみの一つでした。
木の枝をそっとつまんで引っ張り、さっと手を離すと、水滴がパッっと飛び散ります。
ちょっと濡れちゃって、最初は驚いていましたが、それ以来いつも「あん!(あれやって)」とせがむめいちゃんでした。
達者に歩けるようになっためいちゃんを連れて、先日久しぶりに家の周りを散歩していると、「あん!」と草を指さします。
猫じゃらしをつついてみせると「あん!」というので、取ってやると「あん!」(自分で)というそぶりを見せるので、自分で取りたいの?とその場にしゃがみ込むと小さな手でしっかりと握り引っ張ろうとします。
「草に触れるようになったんだね。ちょっと手伝ってあげようね。」
自分で摘み取った猫じゃらしを嬉しそうに握りしめお家に帰りました。

草や葉や石ころ・・・そうした自然のものにもなるべく早く出会わせたいと考えていた私でしたので、孫が手を引っ込めてしまう様子に当初戸惑いを感じていました。
けれど、最近気づきましたよ。
赤ちゃんはちゃんと心得ていたんだな〜って。
草や葉に自ら手を伸ばし始める時、それはそれまで続いていたなんでも口で確認する作業が一区切りを迎えた時でした。
しっかりと大地を踏みしめて立ち、歩き始めるようになる頃、手先も器用に動かせるようになってきます。
赤ちゃんが物事を見極めるのに頼りになった唇は、いよいよ指先へと移行完了。
いつの間にか目と手を使ってしっかりと物を観察できるようになっていました。
赤ちゃん、そう呼ぶのも卒業かしらね。
そうしてこれからは「言葉」が加わり、世界をぐんぐん広げていくことになるのだなあ〜

「ハッパ!」、自信満々に言うめいちゃんにまた一つ教えられました。

[PR]
by coco-an | 2018-08-05 09:42 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

「おむつイヤイヤ!」おむつなし育児の会へのお誘い

毎日本当に暑い。
小さな人たち、汗をかいて着替えさせてもらう時、裸ん坊になって嬉しそう〜
おむつを外すと、もっと嬉しい〜

間もなく1歳2ヶ月になるめいちゃん、最近私の顔を見ると「う〜ん」と力んで見せる話はしたかしら?
オシッコが出る時もあるし、出たよといういうお知らせのこともあるが、実際は空振りのことの方が多い。
なれど、訴えを無視することもできぬので「シッシでた?うんが出るの?」と問い直し、「うん!」と返事があれば何をしていても「おまるに座ってみようね」と大急ぎでおむつを外す。
さて、そこからが大変。
本人はおむつを外してもらって上機嫌。
おまるには進んで座るものの、タイミングよく出るのはごく稀。
(とりあえず力んで見せるのは偉いと思う)
おまるから立ち上がり、おむつをつけようとするとイヤイヤになってしまい、しばしノーパンで過ごす。
昨日などは、足をピンピンさせて「あん!」と拒否、紙パンツを放り投げて逃げ出す始末。
しばらくはノーパンで過ごすものの、ずっとそうしておくわけにもいかず布おむつを挟んでスパッツのみ履かせておいた。
(布おむつは良いのかな?)
まさに「おむつなし育児」をめいちゃん自身が訴えているようにも思われて、暑い夏、おむつはずしに絶好の機会であるなあ〜と実感。
甘々のばあばん家では、お尻丸出しで構わないけれど、どこでもそうできるわけではないし・・・。
布おむつでふんどしスタイルにさせておくか、少々早いが布パンツを履かせてみるか、う〜む、めいちゃん次第ね。

さて、このようなオムツにまつわるあれこれ、お子さんの排泄についてお話しする会「おむつなし育児の会」を7月23日(月)午前10時半〜ここあんにて開催します。
暑い中ではありますが、ご参加いただける方はお知らせください。





[PR]
by coco-an | 2018-07-20 13:11 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

子どもの要求に応じること

めいちゃん(孫、1歳1ヶ月)に日々教えられる。
同じことを同じようにするのが良い時と、それでは嫌な時があるのだということ。
昨日まではこれで良かったのに、今日は同じじゃ嫌らしい。
そりゃそうだ、日々成長しているのだもの、ね。
小さな体で、自分の思いがちゃんとあるってことを一生懸命伝えようとするけど、ごめんよ、大人たち、なかなか分かってあげられなくて。

小さな子どもの立場になって日常を振り返ってみる。
日常のほとんどが大人の都合で組み立てられていることに気づく。
いつも突然抱き上げられて「どこ、いくの?」
なんだか気持ち悪いけど伝える術がないまま、お水を飲まされたり、おもちゃを手渡されたり・・・。
結局はおむつが汚れていたり、なんだけどね。
面白そうだ、と手を伸ばすと「これはダメよ」と取り上げられる。
「あ、大好きな場所だ。遊ぼう〜」って思ったら、ちょっと寄っただけで遊べないんだって。
チャイルドシートは窮屈で嫌い。おまけに暑くで苦しい〜。
大人は、子どものために・・・と毎日気を配って頑張っているんだが、そんなことわかんない〜。

指先が器用に動かせるようになり、出来ること、分かることも増えたけど、その分思い通りにいかないことも増えるお年頃。
「早くもイヤイヤ期なの!」と思わず構える大人たち。
ただ、今、この瞬間に求めていることを分かってほしいだけなのだろうけどね。

だから大人は、目の前の小さな人が今求めているものに、応える努力を続ける他ない。
充分に応えてもらってからでないと、大人の要求に応じることなどできないと、私は思っている。
もちろん応じてはいけない場面(危険なこと)もあるのだけど。


[PR]
by coco-an | 2018-07-18 10:03 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

災害時に役立つ「おむつなし育児」「おんぶ」

大雨の被害は目を耳を覆いたくなるよう・・・。
避難しておられる方、災害救助に当たる方、皆様のご無事を祈るばかりです。

幸いにも、本当にありがたいことに私の住む地域(境港)は避難指示なども出ず、いつもと変わらぬ朝を迎えました。
最も近い米子市でも避難勧告が出て日野川の氾濫が心配されましたが、危険水位から少し下がったのかな?
どこの地域でもそうですが、川が氾濫したら大変な事態になります。
今日、明日はまだまだ用心しなければなりませんね。

ここあんに通ってくださる方の中には、避難勧告の出た地域に住んでいらっしゃる方もあります。
小さなお子さんを連れて避難するのはいろんな意味で大変。

例えば、おむつは持参する量も悩ましいですが、ゴミになって出る量も半端ないですからね。
「おむつなし育児」を実践しているとおむつの使用を最小限で済ませられます。
おまるをどうするか、という問題はありますが、代用の小さな容器で排泄物をキャッチ、トイレで流せばゴミも出ません。

また、日常的におんぶに慣れていると避難する際の移動も楽ですね。
昔ながらのおんぶ紐(兵児帯など)はコンパクトでかさばらず重宝です。
枕元にいつも置いておくといいのだそうです。
いつ、どんなことが起こるかわからないですから、子どもをさっとおぶって逃げ出せるよう備えておくといいですね。
d0131255_08584054.jpg
話は変わって、先日自宅用におまるを買いました。
ホーローおまるを持ち帰って孫達に試したりしていましたが、めいちゃんの小さなお尻はおまるの中に落ちてしまい一人で座るのが難しそう。
そこで安定の良い「ポッティー」(おむつなし育児推奨)を求めてみました。
小さい人たちは食べると出るんですよね。
めいちゃんはご飯中に突如動きを止め力むことがあります。
「あら!めいちゃん、うんち?ウンウン出るの?」と聞くと
「う〜ん」とさらに力んでみせ、「うん、うん」と言います。
「ウンウンなのね、まだよ、待ってね、おまるにお座りしようね」と大急ぎでおむつを脱がせおまるへ・・・。
すでに小さいのがコロンと出ていたりしますが、おまるに座らせ「う〜んの続きは?」と促します。
「う〜ん」と力んでみせますが、続きは出ない・・・。
(まだ出そうなのに)と思いつつ、無理強いは禁物、本人が立ち上がりたくなったら「また教えてね」と言っておむつをはかせ、食事に戻ります。
このところ、食事の間、食事の後、これを頻繁に繰り返していますが、おまるでの排便はまだ成功せず。
ただし、「う〜ん」と言って大人に教える様子はありますので、不発に終わるたび「う◯こ詐欺ね」と言いつつ、詐欺でなくなる日を心待ちにしています。
おしっこが出た後にも「うん!」と言っているような時もあるなと思って見ています。
(「う◯こ詐欺」:自分に注目してほしい時など、大人の顔を見て「う〜ん」と言ってはパンツを脱がせてもらって大はしゃぎ)

もう一人の可愛い孫、こっちゃんも家に来ていてご飯のあと度々「う〜ん」と力む姿を見せていたし、トイレに連れて行くと怖がって嫌がるし、それでもやはりオムツを外してスッキリとウンチをさせてやりたくて、おまるに寄せる期待は大です。
こっちゃんも気に入って使ってくれるといいな〜






[PR]
by coco-an | 2018-07-07 09:29 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

今夜の孫ごはん

めいちゃん(1歳1ヶ月)の晩御飯
d0131255_20360831.jpg
ちょっと柔らかめのごはん(家族も皆柔らかごはんをご相伴)
魚の煮物(ヒラマサをごく薄味で、モロヘイヤと共に)
野菜いろいろの汁(味噌を入れる前のダシの味のみ)
蒸し茄子

大きな口を開けてパパに食べさせてもらうお利口さん
野菜は豪快に手づかみ食べで、およそ30分くらいかけて「完食」

大人ごはんは魚をお刺身に
モロヘイヤはキュウリと共にネバネバ酢の物
蒸し茄子には塩ネギダレ
野菜たっぷりの味噌汁
ちょっとパンチも欲しくって豚バラの塩麹漬けをチンゲン菜やキノコと共に炒めたものも少々

今日はお昼に身体が喜ぶごはんをいただいたりもして、お腹も心も満たさて幸せ〜(手前側が私の食べたお昼)
d0131255_20531623.jpg
多種多様な食材を丁寧に調理された食事をいただくと、家族にもちゃんと栄養バランスの整った美味しいもの作らなきゃ!って気持ちになるね〜





[PR]
by coco-an | 2018-07-04 21:01 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

孫ごはん

我が子の時には何を食べさせていたのかなあ〜
ほとんど記憶がない。
d0131255_20491682.jpg
めいちゃんは野菜とお魚が好きで、なぜかごはんが苦手。
蒸し野菜(ナスとズッキーニとかぼちゃ)は手づかみで完食。
軟飯は豆腐と小松菜の汁(あんかけ)で騙しながら3分の2は食べたかな。
レバーも完食の良い子でした。

離乳食は94歳の食事に通じるものがあるけれど、大きな違いは味付け。
めいちゃんは味付けほぼ無しでお出汁の味のみ。
一方の高齢者は、味を濃いめにしないと食べないんだよね。

家族の食事に気を配るのはちょっと大変だけど、空っぽのお皿を見ると「よしっ!」って思う。
このところ「わらべうたばあさん」改め、「炊事ばあさん」の日々。


[PR]
by coco-an | 2018-06-15 21:14 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

大きくなあれ

今日はめいちゃん満1歳の誕生日181.png
こっちゃん一家もやってきて賑やかにお祝いしました。
d0131255_07365028.jpg
ひと月違いで生まれた二人の孫、こっちゃんの方が3ミリほど大きいみたい。
d0131255_07383123.jpg
サンルームの壁に背比べできる壁紙をつけたので、毎年誕生日に印をつけることにしました。

私たちはどんどん萎んでいくけれど、孫たちはぐんぐん伸びていくことでしょう〜

二人とも大きくなあれ。


[PR]
by coco-an | 2018-05-28 07:41 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)

おやすみ

FBなど見ていると、みなさん素敵な連休をお過ごしのようでちょっと羨ましい。
なれど、私は私にしかできない時間を過ごしているわけで、それはそれで満たされています。

風邪がようやく治っためいちゃんとサンルームの窓から雲を眺めて過ごす。
しきりに指さしをして何かを伝えようとするけど、半分もわかってあげられなくて、しまいには「あん!」と怒り出す小さなお姫さんの見つめる先を注意深く見つめ考える。
この小さなお姫さんの要求にちゃんと応えられた時、お姫さんは最高の笑顔をご褒美にくれるのです。

ここあんにあったおんぶ紐を持ち帰り、昔ながらのおんぶをしてみました。
抱っこ紐で抱っこしていると、盛んに後ろを振り向くので、何をしているのか見たいんだなと思ったのです。
おんぶで家の中を歩くのが好きになっためいちゃんです。

連休にあれこれやりたいこと、行きたいところもあったけれど、家族だけでのんびり過ごすのもまた楽しいね。
ママ、パパともにめいちゃんの風邪をもらい、じいじまでがダウンしてしまった我が家。
もう一人の孫、こっちゃんに「遊びにおいで」と言えないのが唯一寂しいばあばです。



[PR]
by coco-an | 2018-05-05 08:28 | 孫日記 | Trackback | Comments(0)


ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an

プロフィールを見る

絵本・わらべうた・木のおもちゃ

境港市あがりみち、
灘道沿いの古民家。

子どもを見つめ
己を見つめ
集い語らう場所。
ここあん(子己庵)と申します。
どうぞ、お出かけなさいませ。

カテゴリ

全体
良い夫婦の時間
カレンダー
ここあんの場所
おとけいさん日記
お知らせ
ここあん便り
ここあんおすすめ
庵主ひとりごと
ここあん文庫
イベント報告
NPO人として
嫁のぼやき
孫日記
ここあんリニューアル
おもちゃや(小商い)情報
わらべうた研修会
未分類

フォロー中のブログ

実吉威のNPOブログ
ぐみごよみ
ばーさんがじーさんに作る食卓
私のNPO LIFE
ちえのわROOM
空のポケット*Pocke...
WOOL WOOL WO...
今日もまたかくてありなん
アビシュカール
あそびをせんとや ~あそ...
e-life com
長野ヒデ子の日記
こもれび日記
絵本とわたしとこどもたち
鳥取民藝美術館・鳥取たく...
焚き火小屋の備忘録
kodomiru 子...
こまのおっちゃんのブログ
光と影をおいかけて
木暖珈琲店
西築地路地裏遊びの会のブログ
音のきょうしつくりんくら...
奥日野さん歩
ゆ~らり日記

外部リンク

最新のコメント

やはりオカーさんもそうで..
by coco-an at 07:59
やっぱり母親ってそうなん..
by サンデーKU at 20:30
早朝5時起きで、午前は真..
by coco-an at 08:21
いろんな支援の仕方がある..
by サンデーKU at 18:35
16日の朝だと(おばあさ..
by coco-an at 16:04
そちらの仏さん送りは16..
by サンデーKU at 18:21
大きくなりすぎた人も歓迎〜♪
by coco-an at 08:17
大人も・・・・(^_-)-☆
by サンデーKU at 13:10
KUさんも大将軍杉、ご覧..
by coco-an at 14:01
私は「大将軍杉」は城跡よ..
by サンデーKU at 21:34

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

ファン