カテゴリ:ここあんおすすめ( 4 )

昨日紹介した松居さんの本の中に、同じ絵本が4冊ある話が紹介されていて興味深かった。
お子さん3人にそれぞれの本棚があり、同じ絵本をそれぞれが持っていることも珍しくなく、時には松居さんも自分用にその絵本を持っていたりして、同じ絵本が計4冊ということもある、というお話し。
家庭にある絵本は、たいていみんなのもので、兄弟姉妹の誰かが気に入って買ってもらえば、その後同じ絵本を買うことはあまりしないものだ。
「これは私の絵本」という所有権のはっきりした与え方を良いなと思った。

ここあんの本棚にも、同じ絵本が複数あることが珍しくない。
ここあん用と私個人のがごっちゃになっていたりしてのこと。

昨日の”とことこ”後、面白い出来事があった。
Sちゃん(2才)が本棚から2冊の絵本を嬉しそうに抱えて私の所へやって来て、「これ、読んで」と言う。
d0131255_11210484.jpg
「同じのが2冊あったんだね。どっちにする?」と私。
Sちゃんが「こっち」と指さす方を読み始める。
Sちゃんは、残りの一冊を大事そうにしっかり抱えたままお話しを聞いている。
読み終わると「はい、これ読んで」と抱えている絵本を差し出す。
「おうちにも、ある・・・」とSちゃん。
私は絵本を取り替えて「同じ絵本だけど、これにはねえ・・・違うところがあるよ」と、はじめのページを開きながら、みなみさんのサインを指さす。
「ここあんさんへ」って書いてあるでしょう?
Sちゃん、びっくりしてのぞき込む。そして驚きながら目を輝かせる。
ふたりで嬉しくて顔を見合わせてしばし笑い合った。
絵本を開き、こかげで・・・と読めば「ぽ!」と声を上げるSちゃん。
蝉の抜け殻を指さして、「せみのあかちゃんが、おおきくなりたいよ〜って、きたの」と力説。
お家で,お母さんと幾度も開いた絵本なんだろうなと想像しながらSちゃんと一緒に絵本を楽しんだ。
そして、最後に彼は満足そうにこう言ったのだ。「また、これ読んで」と。
もう一回読めと言っているかと思ったが、聞いていたお母さんたちが「今度またっていうつもりじゃない?」と教えてくれた。
そうか、だれかにこの二冊の絵本をまた読んであげてね、という意味なんだ。
なんだかすごい!

同じ絵本でも、同じじゃない。
昨日はそのことが腑に落ちたなあ〜。Sちゃん、教えてくれてありがとう。

小さい人たちは同じものを見つけると安心しますね。
「これ、家にもある!」は本当によく耳にするフレーズ。
そういうとき、「せっかく色々絵本があるんだから、お家にないのを読んだら?」とお家の人はよくいうけれど、やはり、お子さんたちのリクエストにはちゃんと意味があるんだね。





花冷え。
鼻もぐずぐず・・・。
d0131255_8433487.jpg

でも行っておかないとね、大根島の桜に会いに。

桜は、日が経つにつれて色が濃くなるのだと
昨日夫が教えてくれた。
本当かな。

大塚山、桜越しに眺める下界は素晴らしい。
近頃お気に入りの絵本、tupera tupera(ツペラツペラ)の「どんなおと」そして「くだものさん」。
「くだものさん」は、飯塚のからすのほんやさんで目にとまってチェックしていた絵本でしたが、先日ようやく手に入れたばかり。
届いたとき嬉しくて息子らに「ほら〜、みて!」って読み聞かせたら、
「えっ!、ほよっ!ぎょっ!!」の反応。
「これ、子ども用?」って、シュールな可愛さに驚いていました。
そうかな〜、私、すっごく好きだけど・・・。

tupera tuperaさんって、何もの?女性?とどなたかに訊かれ、「男性だと思うよ」といい加減なことを言ってしまいましたが、男女のユニット名なのね。
ご夫婦?かも・・・。以前鳥の劇場でワークショップされたらしいのですが、その時は興味なく、今思うともったいないことでした。

今月のここあんわらべうた”あぶぶ”で紹介しますね。
d0131255_7523447.jpgここあん専属手仕事師「アトリエAB」さんの”コップざぶとん”が届きました。
まん丸で可愛いの。
表は素敵なプリントですが、裏は無地なのよ。
これで和柄だったらね、♪おせんべやけたかな♪ってひっくり返しながらうたって遊んで楽しそう。
今なら数が揃っていますので、欲しい方はお早めに。
それからね。オリジナルの布マスクもありますよ。
着け心地がとてもいいのです。
マスク姿を写真に撮ってのせようと試みましたが、どう見ても怪しい人(モデルが悪い)に見えちゃって写真をアップするのは断念。(マスクはとても良い感じなのに・・・)
こちらは数枚しかありません。