カテゴリ:庵主ひとりごと( 939 )

サンタクロースのよろこび

親であることの幸せ、喜びは、子が育ってしまった後でしみじみ感じるものかしら
d0131255_12055157.jpg
今、サンタクロースのお手伝いをしながら思い出すのは
クリマスの夜、眠ってしまった子らの枕元に
そっとプレゼントを置く役目を
10数年させてもらえたことへの感謝

雪の降り積もった朝
隣の家の垣根から寝室の横の縁側へ
サンタの大きな足跡をつけてみたり

「どこかにプレゼントが隠されているはずだ」と
家中を捜索する息子らを余裕で眺めた夜のこと

願い通りのプレゼントを渡せない
ダメダメのサンタだったかも知れないが

贈り物を準備し、手紙を書く
サンタクロースのお役目を
させてもらえることがどんなに素敵なことか

今となっては感謝しかありません

d0131255_12291125.jpg
サンタクロースの皆さん
クリスマスを楽しんで下さいね

(この絵本は確か・・・記憶が定かではないけれど
私が高校生だった頃、お姉ちゃんサンタがプレゼントしてくれたもの)







[PR]
by coco-an | 2018-12-13 13:13 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

声(歌)が伝えるもの

昨夜、cafeマルマスのコンサートでの光永さんの歌声の素晴らしさに惚れ惚れし、同じ人間なのに声の使い方(私など凡人との)に雲泥の差があることを思い知った。

一体どうしたら、あの声が出せるのかしら?

そして、心に響く歌が歌えるのかしら?

人は年齢とともに円熟味を増し、益々魅力的な声になっていくのだろうか。

ああ〜、そして好きだな、光永さんが歌うエディット・ピアフの「水に流して」♪

本物ももちろん素敵!


ピアノ伴奏も最高に素敵で、頭の中をこのリズムがリフレイン。

シャンソンとか、いつか歌ってみたいと無謀な妄想までしてしまった夜。

[PR]
by coco-an | 2018-12-08 11:57 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

おむつなし育児の会を振り返る

記念すべき「おむつなし育児第1回目の記録」
あれから9年。
あの頃の赤ちゃんたちがもうすぐ思春期の入り口に。

今、少しお母さんたちの雰囲気は変わったのかな。
初回、11組の参加があったなんて、すごい!


[PR]
by coco-an | 2018-12-07 17:17 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

昔の日記を紐解く

私には趣味と呼べるものがない。
例えば、パッチワーク、編み物、フラワーアレンジメント・・・いろいろやってみて道具は一通り揃っていたりするけれど、長続きしない。
最近はじめた「お人形作り」も、「趣味でお人形作りしています」と言えるようになればいいけれど・・・。

そう考えると、長く続いているのは「文章を書く」ことだけだなあ〜
ブログを始めたのは2004年、写真を掲載するにも画像の処理に手間取ったりして四苦八苦したことを思い出す。
その頃から今もなお、お付き合いが続いているブロガーさんも数人いらっしゃって、当時のコメントのやりとりなどが今となっては懐かしい。

ここあんを開く前、開いてからもしばらくメインにしていたブログ「私のNPO LIFE」は、部分公開にしているけれど、時々覗いてくださる方もあるらしい。
子育て中の皆さんに何かしらお役に立てば嬉しいな〜

当時は「孫日記」を綴るようになるなど想像もしていなかったけど、時は確実に流れているのですね。




[PR]
by coco-an | 2018-12-07 08:35 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ありのまま

昨日はドマーケットでした
d0131255_19200189.jpg
ひうたさんのウクレレレッスン大人気
d0131255_19210052.jpg
としじの器は毎度すてき
d0131255_19221608.jpg
美味しいもの、雑貨も少し

写真に収め忘れたけれど

♪もりさやこたつライブ

♪裏庭でのスニーカータップ

どれもこれもゆったりとしたここあん時間の中で
皆それぞれに「ありのまま」を楽しんでいました

ドマーケットの歴史とともに
毎回育ちゆくお子さんたちの様子が
何より微笑ましく
嬉しい1日でした

ありのままで居られること

ここあんがいつまでもそうした場でありますように








[PR]
by coco-an | 2018-12-03 19:28 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

ないことで生まれる知恵・工夫

「洗濯機、なくても結構いけますよ」
先日、おむつなし育児参加者が教えてくれた暮らしぶりに驚いた。

テレビはもちろん、冷蔵庫もない(あえて持たない)生活なんだって。
それを、当たり前のことのようにご家族皆で楽しみながら続けているってことは、小さなお子さんとの関わり方やお子さん自身がとても落ち着いて遊び、自分の意思を伝えようとする姿勢からはっきりと感じられた。

テレビのない生活に憧れ続けているものの、テレビ・ゲーム好きの連れ合いを言い訳にして結局何台ものテレビが鎮座している我が家が恥ずかしくなった。
そう、あるから使う。
目の前にあるのに、それをないものとして暮らすのは苦しい。

便利な道具も、なければないなりに暮れせるのかもしれないな。
実際に停電になって、何もかも家電製品が使えないとなれば、それなりに工夫して暮らすほかないものね。
日ごろどれだけ楽させてもらっているか、便利に慣れすぎて、考えたり感じたりする機会を失っている事に気付くのだろうね。

私は日々、忙しい、忙しいと一体何を忙しがっているのだろう。
私が消費する膨大なエネルギーが一体誰の何の役に立っているのかを考えると、そのほんの一部さえも価値ある消費につながってはいなくて、自己満足のために使い放題しているのだとしたら、これはちょっとまずい。
何もしない方がマシじゃないかとさえ思えてくる。

むむむ。
考え始めるとどんどん自分の首を絞めていくことになるので、ひとまず思考を止め、「できる範囲で丁寧に暮らす」「道具に頼りすぎない」ことを自らに言い聞かせて気持ちを切り替えた。

そして気付いた、「あ、おむつも同じ。」
大人にとって都合が良くて、子どもにとっても快適(濡れてもお尻が気持ち悪くない)な紙オシメの登場で、排泄の自立へ至る「知恵や工夫」のチャンスを失ったんだ。

おむつなし育児を紹介する人間として、暮らしそのものをちゃんと見つめておかないといけんなあ〜










[PR]
by coco-an | 2018-11-30 08:15 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

手に持つこと、ものに触れること

小さい人は何かを持つ時、必ず両手に持ちたがる
おやつなど、両手に握りしめて食べたり
先日、孫とお散歩していた時も、彼女はどんぐりや木の実を両手に握りしめていた

子育て支援センターで絵本読みのボランティアをしていると
いろいろなお子さんに出会う
昨日出会った兄弟は初めてのお話会でとても緊張していた
先に席に着いたお母さんのところに行きたいけれど、体が固まってしまい先へ進めない
きっと迎えに来て欲しいんだけど、お母さんの膝にはもう一人のお子さんが座っている
泣き出しそう(すでに小さく泣き始めている)で見ていられず
何か気持ちの和らぐものをと、♪ころころ こ〜ろ ころ を歌いながら
丸いもの(手まり二つ)をその子の方へ転がしてみる
自分では手が出せない
支援センターの職員さんが大きい方の手まりを手に取りそのお子さんに手渡した
手まりを両手で大事そうに抱え、不安げな様子は変わらないものの泣くのはやめたみたい
やがて手まりを抱いたままお母さんのお膝まで無事動くことができた

ふと、何か手に持つものがあれば少しは安心できるんじゃないか
そんな風に思ったのはなぜだろう
でも、手の中が空っぽななのと満たせれているのとでは
心持ちはまったく違うんじゃないかと
そんな風に感じたのは間違いじゃなかった

その後、いくつか絵本を読み、わらべうたを歌い
どうやら私は信頼してもらえたみたい
本棚からそのお子さんが持ってくる絵本を一緒に読んで一時過ごした
「絵本をめくるのが好きで」とお母さんの言う通り
今、このお子さんは、めくって楽しむ時期なのかもしれないが
本を出しては抱えること、そっと開いてページをめくること
それを繰り返しながら、手、そして指が満足するのを楽しんでいるようにも見えた

「触れる」ということは
幼い子どもにとってはとても大事
もっともっと触れて欲しいということの裏返しでもあるかしら?

手は寂しがりやなんだね
大人だってそう
何かに触れていると安心する
私が編んではほどき、編んではほどきを繰り返すのも
少し満たされない心の表れなのかもしれないな



[PR]
by coco-an | 2018-11-29 08:44 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

可愛い子はお使いに

お人形作り講習会が終わり、5人の女の子が生まれました

♪かんこ かんこ しょうや なかよに しょうや〜
(島根のわらべうた)

意味がよく理解できてないのだけど、この二人を見ているとこの歌が出てきちゃう
d0131255_08060065.jpg
向かって右側、ブルーのワンピース姿がうちの子
(左は同じ日に生まれたMちゃんママの可愛い子)

髪の毛を整えて、たくさん抱っこして
絵本も読んであげようね
そうしたら、大切なご用を言いつけて
長いお使いに出す予定
お別れするその日まで
ここあんで仲良くしようね

さて、私はもう一人生み出さなければなりません
今度はどんな子が生まれるかな




[PR]
by coco-an | 2018-11-27 08:20 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

子どもに伝えたい「木のぬくもり」

昨年に続き、今年も木のスプーンを作ることができた
michikusa秋祭りのきしもと工房さんのWS
d0131255_07420197.jpg
今回作ったのは、左から2番目

左から、きしもと工房さんの作品(購入)
2番目、今年の自作
3番目、昨年の自作
右端、古材で作られた作品
(10年以上前に東京で一目惚れして求めたもの)

昨年、初めてWSに参加してすごく楽しくて嬉しかったので
是非これはここあんで企画したいと思った
実際に、昨年作った二つのスプーンは我が家で離乳食に大活躍
やはり手作りは良い!
自然素材なのが何より素敵!
d0131255_07551281.jpg
今回、そんな思いも岸本工房さんにお伝えしながら
去年より一回り大きいサイズのスプーンを
もりもり食べるようになった孫のために作りました

手作りのスプーン
木のぬくもりと愛情のこもった
世界で一つだけのスプーンで
人生で最初の食事を我が子にあげられたら
パパさん達、感動するんじゃないかしら?

そうした思いをこめ
「お父さんのためのスプーン作り講座」
この冬、実現しそうです

木の話などお聞きしながら
我が子のためのスプーン作り
メディアとの付き合い方についてもちょっぴり触れさせてもらい
ここあんならではの講座にしたいと思います





[PR]
by coco-an | 2018-11-19 08:46 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)

私と仕事

自分の思う通りに生きてきたとは思うけど、これまで「対価を得る仕事」には縁がなく、「主婦」という肩書きに半ば縛られて暮らしてきたことを今更だけど思い知る。
暮らしの中での優先順位は、稼ぎのある夫が最優先、次に育ちゆく子どもの都合を優先し、時間をやりくりしながら自身のやりたいことを「させてもらっている」という意識で過ごしてきた。
子どもの手が離れ、ようやく自分に投資するチャンス到来!と「ここあん」を開いた。
そうこうしているうちに親も歳をとり、同居の姑にも手を取られることが増えてきた。
息子たちが次々に結婚、そして出産し、私はおばあちゃんになった。
おばあちゃんも結構忙しく、姑には益々手がかかる。
本当なら、もっと家にいて家族の世話をすれば良いのだろうが、今、私を縛る「主婦」という肩書きはずいぶん小さくなった。

昨年始めた「おもちゃ屋」は、今まで持つことのなかった「社会人としての人格」を私にもたらした。
まだまだおぼつかない経営状況だから、果たして生きているうちに赤字解消がなされるかどうかさえ分からぬけれど、「私の仕事」と胸を張れるものがあるのはなんと素晴らしいことだろう。
これまで、NPOの仕事をほぼ無償で続けてきた私は、どんなに働いても世の中的には「無職」のおばさんだったわけだが、開業届けを出し、青色申告をし、晴れて「自営業」の看板を手に入れた。
面倒臭がらずにここあんを開いたときに開業届けを出せばよかった、と今になって悔いている。

実際、私の生活(忙しさ)は何も変わっていない。
変わったのは、私の意識だ。
留守するときの食事の準備を万全に整えて出かけたのが以前の私。
今は最低限のことしかしない。
夫に「適当に食べたいものを買ってきてお婆さんと二人、食べてください」など、以前なら頼むことすら考えつかなかっただろうが、今なら「お願いね」と言えてしまう。
掃除や片付けが追いつかないのもヘイッチャラ〜。
以前なら、隙間時間で頑張って掃除機ブイブイやっていたのだけど、「私にも仕事がある」と胸を張って出かけちゃう。

さあ、そうは言っても手のかかる家族は増える一方。
長老様の食事、病院、日常の手助け・・・。
可愛い孫が来るとなると、何をおいても張り切らねばならず・・・。
頼りの夫がこのところ腰痛で頼りにならず、「介護?」の日々・・・。
おもちゃの勉強会や新作フェアーへの参加は叶わない。

「仕事」か「家庭」か、私の中の優先度があっち行ったり、こっち行ったり、相変わらずの狭ぎあい。

ここあんで過ごすこれからの10年。
人生終盤を見据え、新しいことに挑戦できるのは今しかないぞと思うこの頃。



[PR]
by coco-an | 2018-11-09 08:40 | 庵主ひとりごと | Trackback | Comments(0)


ここあん(子己庵)開設情報・日々のあれこれ


by coco-an

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

絵本・わらべうた・木のおもちゃ

境港市あがりみち、
灘道沿いの古民家。

子どもを見つめ
己を見つめ
集い語らう場所。
ここあん(子己庵)と申します。
どうぞ、お出かけなさいませ。

カテゴリ

全体
良い夫婦の時間
カレンダー
ここあんの場所
おとけいさん日記
お知らせ
ここあん便り
ここあんおすすめ
庵主ひとりごと
ここあん文庫
イベント報告
NPO人として
嫁のぼやき
孫日記
ここあんリニューアル
おもちゃや(小商い)情報
わらべうた研修会
未分類

フォロー中のブログ

実吉威のNPOブログ
ぐみごよみ
ばーさんがじーさんに作る食卓
私のNPO LIFE
ちえのわROOM
空のポケット*Pocke...
WOOL WOOL WO...
今日もまたかくてありなん
アビシュカール
あそびをせんとや ~あそ...
e-life com
長野ヒデ子の日記
こもれび日記
絵本とわたしとこどもたち
鳥取民藝美術館・鳥取たく...
焚き火小屋の備忘録
kodomiru 子...
こまのおっちゃんのブログ
光と影をおいかけて
木暖珈琲店
西築地路地裏遊びの会のブログ
音のきょうしつくりんくら...
奥日野さん歩
ゆ~らり日記

外部リンク

最新のコメント

今回もお世話になりました..
by coco-an at 13:27
マチナカ自然学校いいです..
by セレン at 00:26
やはりオカーさんもそうで..
by coco-an at 07:59
やっぱり母親ってそうなん..
by サンデーKU at 20:30
早朝5時起きで、午前は真..
by coco-an at 08:21
いろんな支援の仕方がある..
by サンデーKU at 18:35
16日の朝だと(おばあさ..
by coco-an at 16:04
そちらの仏さん送りは16..
by サンデーKU at 18:21
大きくなりすぎた人も歓迎〜♪
by coco-an at 08:17
大人も・・・・(^_-)-☆
by サンデーKU at 13:10

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月

ファン