卒業式を終え、新しい春を待っている人たちの姿をあちこちで見かけます。
ちょっと大人びた顔つきの新中学生さん、やんちゃ盛りの新小学生さんたち。
道ですれ違ったりするとき、なんとなく分かりますね。
わくわく感、どきどき感が身体からあふれているような気がします。

さて、ここあんでは4月からのわらべうたのジカン、参加者募集中です。

本日の”とことこ”で今年度のわらべうたはお仕舞い。
「今までありがとう」の気持ちで最後の会を終えたいです。

新しいことが始まるとき、ヨロコビと共に不安ももちろんありますね。
子育て中の方なら、仕事への復帰、小さなお子さんを預けることへの不安・・・。
子ども自身も実際にはヨロコビの中に大いなる不安を抱いているのかもしれません。
不安要素をあげればきりがない。
性分によるのかもしれませんが、新しい春を誰もがうれしさいっぱいで迎えられると良いなと思います。

私は新しいことを始めるのが好きで、いったんワクワクし始めると何故だか絶対的な成功しか思い描けないという脳天気さで生きてきました。
およそ60年生きてきた中で、もちろん失敗もたくさんしたし、立ち直れないと思うような事態にも遭遇してきましたけれど、その度にどこかで「なんとかなるさ」と思って生きてきました。
実際に、大抵のことはなんとかなるものなのです。

最近、二人の息子を見ていてふと気づいたのですが、性格は全く違いますが、根っこのところはどうやらしっかり太く育っているみたい。安心しました。
「なんとかなるさ」の精神を受け継いでいるみたい。
夫婦そろって横着なので、子どもたちには日々「頑張らんで良いがん」と余力を残すことを教えてきました。
「明日出来ることは明日やれば良い」といった調子でのほほんと暮らして来たように思います。
我が家には息子たちに「頑張れ!」という人は一人も居なかったかもしれません。
大人になった彼らはそれぞれに大変良く頑張っています。
悩みはそれなりにあるのでしょうが、くよくよと悩むようなことは無さそうですし、精神的に安定しているのは性格に加え周囲の人に恵まれているからでしょうね、ありがたいことです。
つい私は「大丈夫かや?息抜きしながらやりなさいよ」などと「頑張らなくて良いがん」メッセージを送ってしまいます。

新しい春、もしかして不安に押しつぶされそうになっている人が居たとしたら、「大丈夫、なんとかなるけん」とそっと支えてあげたいね。
「大丈夫、大丈夫」
呪文のように繰り返し唱えていると、ほら、大丈夫な気持ちになってきますよ。





[PR]
あらこれとせねばならぬことがあるのに、できぬ。
その上昨夜から鼻水じょろじょろ〜。

夫も孫一家も所用でお出かけ、「やれやれ・・・」つかの間のひとりジカンを満喫。
(ひとりじゃなかった〜、94歳はご在宅)

コーヒーを淹れ、黒糖ショウガでジンジャーコーヒー。
うまし。
つまり気味の鼻やイガイガする喉が喜んでいる。

先日、メガネを新調しようといつものメガネ屋さんで視力を測ってもらったら、「近視のほうは全く悪くなっていないですね、きっとこれ以上は悪くならないでしょう。」と言われてちょっと嬉しかった。
元々目は良い方だったけど、車の運転時のみメガネの必要が出てきて、その後、パソコンやパッチワークを始めた頃から急激に悪化、30代半ばには終日メガネを着用するようになった。
免許更新のたびに「また近視が進みましたね」とメガネを新調し続けてきたけど、今回はその必要なし。
ところが・・・「老眼は進んでいますね」
確かに手元が見えづらい。
爪を切るとき、針に糸を通すとき、メガネを外さなきゃいけないもの。
結局、手元がはっきりと見えるように調節してもらい、メガネを新調しました。
新しいメガネ、フレームも変えたのだけど、縁なしだからでしょうね、誰も気づきません。
新しいメガネ、よく見えます!
これで、針に糸を通すときも楽勝です。
d0131255_16094957.jpg
メガネケースは珍しくピンクをチョイス、メガネ拭きはドット柄です。

何かと気ぜわしい年度末。
つかの間を上手に見つけて気分転換し、乗り切っていかなきゃ〜





[PR]
早生まれの私は、同級生が皆「還暦」と騒ぐなか「あら、来年よ!」と若ぶってみせる。
なれど、還暦へのカウントダウンが始まったこと、ひしひしと感じています。
そんな私にサプライズ(お嫁さん企画)
d0131255_07501287.jpg
うれしいな〜、みんなそろって賑やかな夕食会(自宅)。
d0131255_07502318.jpg
こんなものもあります・・・が、実はコレ、じいじが退職送別会でもらってきたものです。
おめでたそうで良い感じ、しばらく「おめでとう」を飾っておきましょう。

さ〜てと、来年は盛大に「還暦祝い」をしてもらえるかしらね〜(わくわく)


[PR]
春のおもちゃフェアー開催中のここあん。
懐かしい(かつてのあぶぶ世代)子どもたちがはじめて来たような(本人には記憶無し)顔でやって来るのがうれしい庵主。
本日は最終日、午後3時頃まで開けていますのでどうぞお出かけ下さいね。

さて、今回のフェアーでは、「お人形」をいくつか並べています。
d0131255_08513343.jpg
先日、ご注文のあったこのお人形。お渡しした後に嬉しい報告を頂きました。
3歳のお誕生日プレゼントだったのですが、お人形を手にしたその日から片時も離さずにいると仰っていました。
プレゼントしたおばあちゃま曰く「すごい甘ちゃんで、ママが居ないと寝ることも出来なかったのに、お人形が来たその日からひとりで寝られるようになった」のだとか。
お人形を寝かしつけて(お世話して)その後自分もひとりで寝てしまうそうで、何かと手のかかったお嬢さんが一気にお姉さんになったようだと喜んでいただきました。

お人形は、毎日共に暮らす家族であり、お友達であり、時にお世話する対象になったり、愚痴を聞いてくれる唯一の存在であったり・・・します。

ここに紹介したのは、HABAのキュートな女の子たちですが、表情のないシンプルな人形(ここあんのハナちゃんやカイくんみたいな人形)も欠かせません。
お人形さん、又作りたくなったなあ〜。


[PR]
来月からのわらべうたに関する参加者募集案内をつくりました。
4月は、新たな参加者さんと出会える季節。
わくわくしつつ、まずは宣伝がんばらなくては!
d0131255_13475818.jpg
興味のある方はここあんまでお問い合わせ下さいね。

[PR]
花粉症?症状に悩まされるものの、それでも春は嬉しいです。
「春のおもちゃフェアー”お人形で遊ぼう”」の準備が間に合わず、連日のここあん夜作業。
気になっていたお人形の飾り付けをしました。
d0131255_07520852.jpg
ほら、すごく可愛くなったでしょう〜。
「ああ〜、お家に連れて帰りたい!」って思うはず。
ひとりお人形を眺め、むふふ、むふふ・・・な店主。

フェアーと言うほど賑々しくはないけれど、今のここあんにできる精一杯はこのくらい。
さあ、春のフェアー、楽しみましょう〜。

[PR]
お天気が良いのはいいけれど、家の中の汚れが見えて嫌になっちゃう。
窓ガラス、床の埃、テーブルの上だって「あら?こんなに汚れてたの!」って・・・。
ああ〜、ピアノの下などは掃除機が届かない所にクッキリとラインまでついてうっすらと埃が。
こういう床の汚れを目にするたび、「ルンバが飛んでこないかなあ〜」などと期待する。

メイちゃんはズリ這いの名手。
最近は行動範囲を広げつつ超高速ダイビングで移動する。
名付けて「メイちゃんルンバ」、家中の埃をお腹に吸い付けて移動する。
メイちゃんのお腹にモップでもつけてみようかしら。
いやいや、そんなバッチイことはさせられぬので、仕方なく掃除の回数を増やす。

みなさん、お掃除は好きですか?
確かに窓をピカピカに磨いたり、雑巾がけなどした日には、気分晴れやか〜
気持ち良い事この上ないが、習慣化させるのは難しい。
やり始めればキリがないし、そもそもモノを片付けなきゃ掃除は出来ぬ。
ああ〜、腰は相変わらず重い。

こんなにお天気がいいのだもの、冬ごもりから抜け出すためにも、まずはお掃除から始めないといけないかしら。





[PR]
1月、2月とふた月もお休みしてしまったあぶぶ金曜日コース、
「お久しぶり〜」、ママの声とともに、グンと大きくなったお子さん達が笑顔でやってきました。
あれあれ?ハイハイしていたはずの人がママとお手手つないでしっかり歩いて来るではないですか。
「びっくり〜、歩くようになったんだね」
そしてまた、おしゃべりも上手になっていたり。
それはそれは見違えるほどの成長ぶりを目の当たりにして、小さなお子さんにとっての3ヶ月がどれほどの時間であったかを思い知らされました。
久しぶりの再会を喜んだのもつかの間、来月からはママは職場復帰、お子さんは入園で最終回となる方もあり、嬉しさと寂しさと入り混じった1日となりました。
d0131255_17164431.jpg
おやつは豆乳プリン、きな粉をかけて、ぷるぷるで喉越しも良く優しい甘み。
みんなで美味しくいただきました。
先日、食育アワード2018銀賞を受賞されたミオファティリティークリニック栄養管理部の皆さんによる手作りおやつは、いつも本当に美味しい〜。
ごちそうさまでした。

ここあんで親しんだ「わらべうた」をこれから益々忙しくなるお子さんとの暮らしに役立てていただけたら嬉しいな。
家の中が少々散らかっていたり汚れていようと、食事の準備が整わない日があっても、親子して笑って過ごせたら花丸。
保育園にお子さんをお迎えしたら、まずはたっぷり抱きしめて、お膝の上でわらべうた遊びなどしてみましょう。
言葉を持たない小さい人にこそ、どんなことより優先して、そうしてあげてほしい。
そう願いつつ、皆さんを見送りました。

[PR]
1月、2月のおもちゃ屋は「開店休業」ではなくて「冬眠中」でした。
インフルエンザでわらべうたをお休みし、ドカ雪に閉じ込められるなど散々〜。

冬眠から目覚めてみると、あろうことかコロボックルの出現。
(あがりみちの一部で小さな侵入者をこう呼んでいるらしい)
今なお、コロボックルとは完全にお別れできていないのだけど、
徐々に受け入れつつある自分がちょっと恐ろしいような・・・。

まあ生きていると色々あるわいな。
考えたくないことは、ちょっと横に置いといて、楽しいこと始めましょう。
そして何より、小商いに気合いを入れ直さねばなりません。

そこで「春のおもちゃフェアー」開催します。
d0131255_08111553.jpg
第1弾は”お人形”がテーマ。
小さなものは指人形から、30センチ前後子どもたちのお友達となるお人形まで、少数精鋭ではありますが、素敵なお人形さんたちを紹介いたします。
ここあんのお部屋では、「昭和のお雛様」がみなさんとお会いするのを楽しみに待っていますよ。

お雛様を眺めながら一服できる「お茶席」でも作ろうかなあ〜
冬眠からようやく目覚めたみたいで、アイディアがムクムクと浮かび始めるこの頃です。

[PR]
何かしらの問題があって生きづらさを抱えている人。
毎日が思い通りにいかなくてストレスを溜め込んでいる人。
特別なことでなくても、誰しも多少の悩みは抱えているのだろうが、とりわけ子どもとの生活に困難を抱えてしまうと、本当に辛いだろうなあと思う。
ここあんにやってくる母子たちも、ハッピーな人ばかりではない。
他人から見ればこの上ないハッピーな環境だとしても、当の本人がそう思えないときだってある。

そうした困りごとを抱える方に何かしてあげられることがあるとしたら、何だろう。
ひとまず、心の内を吐き出せる場となり、気持ちに寄り添ってあげることかしらね。
そんなことを思いながら、自分のことを振り返ってみる。

私は、自分を甘やかすことが得意だ。
ダメだな〜と思うことは日々あるが、大抵のことは「まあこれでOK」って納得しちゃう。
妙な自信を備えていて、自己肯定感”満ち満ち”かもしれないです。
多分それは、親というより親以外の大人たちから注がれた温もりによるものだろうと思う。
おばあさん、そして近くに住んでいたおじさん、おばさん、近所の人たち・・・。
「自分自身を大事にすること」が知らず知らず身についた。
そして、大人になってからも良い人たちに恵まれて過ごしてきた。
やりたいこと、なりたい自分、理想の暮らし・・・そうした目標を実際の生活と折り合いをつけながら実現できるって、本当に幸せなことだなあ〜。
きっとそれは、自分を甘やかすことができたから叶ったんだな。
ありがたや、ありがたや・・・。

一方、悩みを抱える人の多くは、自分自身を受け止めきれないでいるように感じる。
素敵なのに、頑張っているのに、「そんなことない」って思っているみたい。
どうしてかな?
自分は「ダメだ」って思いながら暮らすのは本人はもとより、家族にとっても辛い。
子育てにつきまとう問題の根底にあるのは、そのひと自身のことだったり、遡って自分と親(大人)との関係に由来するようにさえ私には思える。

そうした悩ましき人々が世の中にはゴマンといらして、というか、「自分を好き」って思えない人が増えているような実感さえするこの頃、これは一大事ですぞ。
日常の「辛い」を「楽しい」に変換する手立てはないかしら?
「できない」ことを数えるのをやめて「できる」に注目しなくては!

「自分を甘やかす極意」を、怠け者の私こそが伝えていかねばなりません。
そしてここあんには賛同者(つまり怠け者)が結構いるはずです。






[PR]