人気ブログランキング |
NPOの募金活動も最終月。
みなさま、最後の最後まで、ご協力よろしくお願いします。
さて、そこで、募金集会最終回のご案内です。
d0131255_08430727.jpg
もりさやさんのライブと募金集会がごちゃまぜになった素晴らしい企画!
募金をまだしてなかった〜という方にはラッキー!
もう募金は済ませたけど〜という方には、再度募金をお願いしちゃおうという、ちょっぴり厚かましい企画になっております。
だがしかし、ここあんの古き良き時代のお雛様とともに楽しむもりさやライブ♪はこの日限り。
その上、新しいCDをいち早くゲットできちゃうのですよ〜。
ぜひ、お出かけくださいませ。
参加希望者は事前にお知らせください。

初節句は誠におめでたいことだからかしら、思いがけない大物まで引き寄せてしまうのだね。
ど〜ん!!!!!
d0131255_08075221.jpg
新聞紙からはみ出るほどの大物が飛んできた〜。
バアバ、頑張る!
d0131255_08102967.jpg
最中の写真は手が濡れていてピンボケ。
d0131255_08120439.jpg
やれやれ・・・。解体作業終了。

行動範囲が広がってきためいちゃん、ハイハイしながら台所までやってくるようになり、作業しながらカウンター越しに「ば!」と覗くとキャッキャと大喜び。
ハイハイからお座りするのも上手にでき、バンザーイやちょつちょつをやり始めるとこちらも真似してやらねばならず、なかなかに忙しい。

さあ、今夜は正真正銘の「たいたい」ですよ。
まんまに混ぜて食べさせてもらおうね〜。


桃の節句を祝うとき、それぞれの地域ならではのお菓子があるのですね。
小学校の頃給食に「ひし餅」が出たのを覚えていますが、私の住む地域ではひし餅を飾ったり食べる習慣はなかったと思う。
定番は「雛あられ」。飾ったり、食べたりした。
そうそう、鳥取県東部の方では「おいり」を食べるそうです。


お隣の松江では、雛餅を食べるのだとか。

さて、「雛祭り月間」初日に早速いただいたのは、山形(鶴岡)の「お雛菓子」。
d0131255_08150609.jpg
孫のおばあちゃまが山形にいらして、昨年初めてこのお菓子を見たときは驚いた〜。
あっさりとしたこし餡で美しく成形されたお祝い菓子、食べるのがもったいない位です。
では、ここで問題です。
画面向かって左すみのお菓子は、何を表しているでしょう?
・・・・。
問題を出した私にも、わからな〜い。

私の雛人形(お内裏さまとお雛様のみ)を、気まぐれでここあんに飾ったりしていたが、今年は三人官女他総勢15名が勢ぞろい。
小さなお道具も全種揃って、なかなか見応えがございます。
ぜひ、お雛様に会いにお出かけくださいね。

お雛様やお道具は、私のお姉ちゃんのところからやってきたのですが、ともに女の子の着物も届けられました。
私や姉、姪っ子、さらには姪っ子の娘が袖を通したお着物。
こっちゃんやめいちゃんがもう少し大きくなったら着せてやろう〜
そう思って眺めていましたが
あ、この羽織を肩上げしたらお雛祭りにぴったり!
昨夜思いついて、袖を内側に折り込み・・・、肩をつまんで・・・
裾を上げたら、いい感じ〜
d0131255_09063407.jpg
孫たちがおひまさまの前で写真を撮るときに着せちゃおう〜
奥にある綿入れ半纏は、多分サワコおばあさん(私たち姉妹のおばあさん)がひ孫のために縫ったもの。
(そのひ孫もすでに親になっているけれど)

今日は3月3日。
ここからお雛様月間の始まり始まり〜。



この春、夫は定年を迎える。
ほんとうに、長い間、お疲れさま。
365日、気の休まることのない過酷な仕事をよく頑張ったねと心底尊敬しております。

振り返ると、休みの日も休みではないような生活に、連れ合いとしては半ば諦めのような心持ちになるのに少し時間を要しましたが、割り切ってしまえば案外気楽で、結果的に私は私のやりたいことに専念できたと感謝しています。
ただし、何事もあてにはできない上、家にいるときくらいは骨休めをさせてやらねばと、家のことは何一つしない・させない暮らしを続けてきてしまいましたから、チン!(電子レンジ)も扱えず、誰もいなければお腹が減っても「ひたすら待つ」といったありさまになっておりました。

昨年春、親知らずを抜くために私が数日間家を留守にするという事態に直面し、夫の自立(生活面での)という新たなミッションをはっきりと意識させられました。
さて、それから少しずつ「夫のしつけ」が始まったのであります。

まず、電子レンジの使い方。
(最近はレンジの方が賢いので、「あたため」のボタンを押すだけでOKと簡単!)
クッキングヒーターの操作。
・・・これで冷めた食事をあたためて食べる(おばあさんにも食べさせる)ことができるようになった。

次にゴミの分別。
軟質プラスティック(プラ表示のあるもの)を入れる場所を教え、室内のゴミ箱に誤って入れている場合などはその度に優しく注意。

続いて掃除。
窓ふき、お風呂のカビ取りなど、本人がやる気を見せた時がチャンス!
「ありがとう、よろしくね」と結果を期待せず頼む。
(雑巾を洗って使うなどのやり方は苦手。使い捨てペーパーや洗剤を盛大に使ってやるのが得意。)

そうこうしているうちに、退職まで残りひと月となりました。
今では、「今夜出かけないといけないから、おばあさんの食事、よろしくね」と頼んでおくと、食べ終わった食器をきれいに洗ってくれてます。
ただし、料理を作ろうという気は全くないらしい。

一年ですごい進歩です。
今までは「かあちゃんの仕事を取ったらいけん」など(夫が)と申しておりましたが、これからは何もかも「二人の仕事」ってことですけん、どんどんやってもらっちゃおう〜。
そして、自分のことは自分でできるじいじになってもらいましょう。




明け方、ものすごい風の音で目覚める。
夢うつつ・・・
「家は頑丈なはずだから大丈夫」
そう自分に言い聞かせるものの、ワラの家(三匹のこぶたの)に居るような心持ち。
あれ?ここはここあんだったかしら・・・
ドキッ!として完全に目が覚めた。
ここあんなら、こんな暴風、家ごと吹き飛んでしまいそうで生きた心地がしないだろうな。
春の嵐が大荒れです。
どなた様も、被害なきことを願います。

さて、今日から3月。
そして本日、ここあん自由解放日。
「おひなさま」を出しましょう。

お雛様を飾りながら、いろいろと思い出すことでしょう。
幼い頃のことを。

暴風は大分おさまってきたみたい。
まだまだ風は唸っていますから、気をつけて出かけましょう。
d0131255_08294078.jpg
d0131255_08295594.jpg