今日はめいちゃん満1歳の誕生日181.png
こっちゃん一家もやってきて賑やかにお祝いしました。
d0131255_07365028.jpg
ひと月違いで生まれた二人の孫、こっちゃんの方が3ミリほど大きいみたい。
d0131255_07383123.jpg
サンルームの壁に背比べできる壁紙をつけたので、毎年誕生日に印をつけることにしました。

私たちはどんどん萎んでいくけれど、孫たちはぐんぐん伸びていくことでしょう〜

二人とも大きくなあれ。


[PR]
孫の熱が下がり、無事保育園に送り出した(やれやれ・・・109.png
大家族の洗濯を終え、急ぎここあんへ向かう。
今月も「お外遊び」が開催できて嬉しい〜

小さい人の気の向くまま、足の向くままにブラブラ歩く。
d0131255_08384614.jpg
自由だから、どこででも遊び始める。まあ、車も来ないし、いいか。
d0131255_08383604.jpg
バケツの中を見せ合って、ひみつの会議中「ほら、これ良いでしょう〜」

2歳のMちゃん、誰かにバケツを手渡す時、必ず自分のバケツからおすそ分けしてくれる。
「分かち合う」ことを心得ている様子にほっこりしちゃう。
d0131255_08385438.jpg
セレンさんが美しい葉脈の見方を教えてくれましたよ「細胞まで見えるね」
いろんな葉っぱ、いろんな緑、いろんな手触り…みんな違うけど、みんな美しい〜

晴天だったので木陰に入った時のひんやり感が嬉しいお散歩タイムとなりました。

次回開催予定 6月28日(木)10時半〜お昼頃
参加費 親子一組 500円
原則お弁当(パン・おにぎりなど簡単なもので良いです)持参
天候により雨具、着替えを持参
事前のお申し込みをお願いします



[PR]
”とことこ”で久しぶりにものづくり。
まめちゃんのでんでん太鼓を作ろうかな。
d0131255_08435398.jpg
それともボタンの足をつけて、「タップまめちゃん」にしようか・・・。

色鮮やかな豆の季節。
食べるのも歌うのも、楽しい〜

とことこは2歳以上のお子さんを対象としたわらべうたの会です。
毎月第3金曜日と第4火曜日に開催しています。

[PR]
ここあんでひとり、事務仕事に勤しんでいると何やら子どもたちの声
「ここにする?お願いしてみる?」
ここあんの前で立ち止まり、数名でヒソヒソ・・・
部屋の窓から玄関を覗いてみると、ランドセル姿の可愛い人が3人、真っ赤な顔で扉の向こうから覗き込んでいる。
目があった瞬間「すみません」と可愛い声
玄関へ出て行くと、そ〜っと扉を開けて3人の子どもが入ってきた
「あの〜、トイレを使わせてもらえませんか?」
お友達の一人が「寄り道」とつぶやく
(以前、ここあんを覗いていた子どもたちに「寄り道はいけんよ〜、お家に帰ってからまたおいで」と告げた、あの時の子だった)
「トイレを我慢するのは辛いもんね〜、はい、どうぞ上がって、使っていいですよ」
「お友達はここで待っててあげてね」
おもちゃ屋のおもちゃを珍しそうに眺める子どもたち
「妹とか来たら絶対喜ぶ!」
「妹さんがいるの?今度一緒においで」
みんな大変行儀よく、商品に手を触れたりはしない
しばらくして「ありがとうございました」
きちんと挨拶をして帰って行った
私は、小さな訪問者の姿に昔の自分を重ね合わせていた
学校からの帰り道、水を飲ませてもらったり、トイレを借りたり、安心してお願いのできる家というのが幾つかあったなあ
ここあんが「寄り道していいお店」っていうのになったら素敵かな
リニューアルして玄関のガラス戸から中が見えるようになったのは
とても「いいこと」


[PR]
急に蒸し暑くなり、いよいよ蚊の季節到来かな?
そこで、虫除けスプーレーの準備を始めましょう〜。
セレンさんの虫除けスプレーWS、今年も開催します。
今月は、5月24日(木)午後2時〜5時

午前中はお外遊びを楽しみます。
お外遊び参加希望者は事前申し込みをお願いします。

虫除けスプレー作りは2時〜5時の間、ふらりとお出かけください。
事前のお申し込みは不要です。
私も孫用に2本作ろう!!

[PR]
私のことを「お母さん」と呼ぶ人が4人いるけれど、このところ「ばあば」と呼ばれることの方が多いな。
d0131255_08201545.jpg
ばあばになってもなお、私を「カアちゃん」と呼び続ける人が一人います。
そして自分のことは「オンちゃん」と。

今日は母の日。
世界中のお母さんに「ありがとう〜」♪

[PR]
金曜日コースの”あぶぶ”報告。
5月ですから・・・
d0131255_08283750.jpg
♪よもぎしょうぶのしりたたき〜
あぶぶとはいえ、みんなあんよができるちびちゃんばかりでしたので、ちょっと遊んでみました。
まあるく輪になって座り、よもぎしょうぶを持ったオニ役がその周りをぐるぐる回ります。
もちろん歌を歌いながらです。
そしてお尻をポンポンされたら次のオニ役に交代です。
d0131255_08333482.jpg
「まめちゃん」を使ってまめにちなんだわらべうたも歌いました。
d0131255_08341693.jpg
今月のおやつは「米粉のスノーボール」
みおごはんさんから届くおやつ、いつもほっぺが落ちちゃうくらい美味しいです。

来週は火曜日コースのあぶぶを開催予定。
午後には「おなかのなかからわらべうた」も予定しています。
どちらも参加者募集中!

※「よもぎしょうぶ」と言いながら、ここあんに菖蒲はないのでよもぎと南天、菖蒲に似た葉で代用です。


[PR]
我が家の長老M子さん、満94歳。
ひ孫が生まれる前(1年前)、怪しかった行動(ぼんやりとして何日も風呂に入らない、着替えをしないでパジャマで過ごす…などなど)もすっかりどかかへ吹き飛ばし、絶好調。
孫効果抜群で、孫の声を聞きつけると瞬時にリビングへお出ましになる。
「ご飯よ〜」の声は2、3度呼ばないと聞こえないのに、ね。

とはいえ、誰もいない時、足腰は弱っているので「一人で外へ出ない」を約束に自室でおとなしくしているはず。
これまでに数回転倒しその度に骨折しているんだから、「転ばないように気をつけて過ごす」ということを生活目標(ケアマネさんによる指導)にしているのだ。
実際に、デーサービスにいかぬ日、部屋を覗くと大抵ベッドやソファーで寝ている。

ところが、この頃ちょっと怪しい。
まず、衣変えをしていない(私が)のに、春の衣装をどこからか引っ張り出して来ている。
(これはデーサービス効果。ベストも見たことないものに変えている。)
次に、これは大問題なんだけど、靴が出したままになっていることがある。
(デーサービスから帰ったら、脱いだ靴を私が下駄箱の下に必ずしまうことにしている。)
「あれ?しまい忘れていたのかな」と思ったのだが、靴の先には土が付いているじゃないか。
むむむ・・・。

誰もいない時に転んだら困るので、一人で外へ出ない、というのはここ数年来言い続けてきた。
屋内では歩行器を使い、外出時は老人車もしくは必ず介添人が手を引くことにしているのだ。
なのに、これが守れないのが長老さま。
最近、孫に近づく時、腰を曲げ、手放しでよろよろ歩いては周囲から注意を受けることが目立っていたしなあ〜

今朝、ついに私は証拠をつかんだ。
なんと、駐車場の後ろ側に草を抜いた痕跡発見。
やっぱり、一人で外へ出て、駐車場まで歩いてきて草を抜いたんだな。
以前なら外用の老人車が玄関に置いてあったからその気になればそれを押して歩くことは可能だったが、今は一人で出歩かない決まりだから老人車は物置にしまってある。
つまり、ヨロヨロしつつ杖一本で外へ出たことになる。

く〜っ!!
思わず歯ぎしりする嫁である。
実際私も家の周りの草を抜かねば、と気にしていたものだから、それを長老さまにしてやられたことへの歯ぎしりに他ならぬ。
長老さまの部屋のゴミ(毎度大量の鼻紙)を捨てつつ「草を抜く元気があるなら自分の部屋のゴミ出しでもしたまえ!」と心の中でこっそり反撃。
今日は靴を見つからないところに隠しておこうかしら。
陽気も良くなり、これからまた長老さまとのバトルが繰り返されるのだろうなあとひとりため息をつく。
あ〜あ。




[PR]
5月のオムツなし育児の会情報
開催日時:5月28日(月)10時半〜12時ごろまで
開催場所:ここあん
参加費 :協力金(お一人100円)のみ
参加希望者は事前にお申し込みください。

[孫たちとオムツなし育児]
孫が生まれる前、お嫁さんにオムツなし育児を勧めよう、家に来ている時には実践しよう、と意気込んでいましたが・・・、なかなか思うようにはできませんね。
オムツなし育児の会で、いろいろアドバイスしてきたことも、いざ実践するとなると難しいことなのだなあ〜とつくづく思うこの頃です。
情報だけは伝えているので、時折おまるにささげてみたり、紙おむつであっても頻繁にオムツ交換するなど赤ちゃんの排泄に注目しているなあとは感じますが、その孫たちも1歳。
自分の意思もはっきり出てきて、オムツ交換に苦労(逃げ出したり)する息子(イクメン)に言うのは「無理強いは駄目」ってこと。
「おしっこが出ちゃうだろ」と息子。
「出たって、いいじゃん!」と私。
先日などは、オムツを外した後オムツをつけたがらないのでしばらくそのままにしていたらチョロチョロ・・・と案の定出ました。
「あ、シーシ出たね〜♪」
きょとんとしている孫に「何にもないところでおしっこして気持ちよかったね」とにっこりする私。
その後、濡れた床を拭く私をじっと見つめる孫でした。
「おしっこが出たら、拭けばいいだけのこと」
この言葉を、繰り返し、意識的に言わなきゃな、と思うこの頃です。
そう、オムツなし育児は、言葉で理解しているだけじゃダメなんです。
本当に赤ちゃんの立場になって実感できるかどうか、そこが大事なんだなと分かりました。
これは、案外難しいことかもしれませんが、これから季節も暖かくなることですし、オムツを外し、お尻出しで過ごす時間を意図的に作っていけば自ずと理解できるかもしれないと期待しているばあばです。
d0131255_08453648.jpg
先日NHKの朝のニュースで「おんぶ」が見直され始めたという内容が報じられていました。
我が家もおんぶ紐の復活!
もっぱら抱っこ専門だったパパにおんぶされ、ご機嫌な孫。
一人でおんぶができるようになればイクメンも上級者かな。



[PR]
連休が明けたのに、動き出せずグズグズしています。
少々疲れ気味。
孫が持ち込んだ風邪ウイルスはじいじを寝こませるほど強烈だった。
私と長老様のみ罹患せずにいるけれど、頭はモヤモヤ、生あくびばかりが出て、怪しい〜。
連休中にする予定だったあれこれを、目に見えぬロウスピードでのろのろやり始めてみるがもちろん進まず・・・。
じっとしていると寒くて(「寒気?」というより実際に寒いのだろう)片付けてしまったコタツを恋しがりつい毛布に手を伸ばす。
しばし、エネルギーが満ちるのを待つしかないと周りに迷惑をかけつつ、得意の甘やかしで怠けてます。



[PR]