人気ブログランキング |
明日から11月
おもちゃ屋さんのラインナップも今後じわじわ増える予定
クリスマスプレゼントのご相談にも応じます
記載していない日程でも案外ここあんに居たりしますので
お気軽にお問い合わせ下さいね
d0131255_20173742.jpg
あぶぶ、参加予約受付中
お外遊びはもしかして焼き芋?
午後にはセレンさんのミツロウクリームWSも予定しています
おむつなし育児、12月はお休みになるかも知れませんので是非お集まり下さい〜

10月の外遊びは最高のお天気
d0131255_21443789.jpg
これは何の実だろう
d0131255_21444765.jpg
きれいな葉っぱや実をたくさん見つけた
d0131255_21445733.jpg
塚山にて
お弁当を食べてちょっとお遊び
何に見えます?
d0131255_21510755.jpg
セレンさんが用意してきたはさみで葉っぱをお洋服に見立てて切り
洗濯ばさみでつまんでみました〜
d0131255_21463334.jpg
出発する風景のように見えるけど
これは帰り道
「だっこ〜」と甘えん坊になったちびっこに
後ろ歩きを勧めてみると
あら不思議
だっこはどこへやら
ここあんまでちゃんと歩いて(最後はダッシュで)帰れました

参加者、大人7名 4歳1名 3歳1名 2歳1名 1歳1名

マチナカでも、自然を感じ、季節を感じ、
からだぜんたいで触れ、発見することができるのです
”マチナカしぜんがっこう”

来月の外遊び開催日は11月29日(木)
大人だけの参加者も大歓迎です

近頃、若い親たちは小さな人たちに何でも早く与えたがるように思う。
(親と言うより、じいさんばあさんなのかも知れないが・・・)
まだしっかり歩けてもいないのに三輪車やスライダー(2輪車)を使わせ、必要も無いはずのスマホやタブレットを常用させる。
「そういう時代」なのだと仰る方もあるけれど、どんな時代であっても変わっちゃいけないものがあるはず。
早く与えて何か良いことでもあるのかな?
何より、今目の前にいる小さな人に本当に必要なものなの?
など、時代遅れのばあさんは思うのだ。

そして、何でも「早く」という風潮の中、ずいぶん「遅く」なったことについて、世の中はあまり関心を示さない。
不思議。
その不思議とは、「おむつ外し」のこと。
子どもの排泄の自立は、この30年で1年以上遅くなった。
どうしてオムツだけはゆっくりが許されるのだろうか。
赤ちゃんのささやかで大きな抵抗かも知れない、とこの頃思う。
大人の都合でおしっこ何回分も身体にくっつけて過ごして来たんだからね。

そうだ、三輪車はオムツが外れたお祝いに買ってやるのが良い。



素晴らしいお天気、行楽日和の土日をみなさま如何お過ごしでしたか?

孫の運動会を見に行きたくて、ここあん解放日を変更したりするばあさん。
今月のお便りにも日程変更間に合ったし・・・と思っていたけど、
「今日はここあんお休みですか?」と電話が入る。
「ごめんなさ〜い、変更しちゃって・・・、午後には開けますよ」平謝り。
午後、ここあんに駆けつけると駐車場で待って下さっていた親子が熱烈歓迎。
「ごめんね〜」
「いえいえ、外遊びで歩いていたコースをお散歩したりして、天気も良かったし楽しかったです」
(お昼はマルマスでスペシャルなランチ&スイーツで大満足だったとか)
私が居なくても、ここあん周辺を満喫できるなんて素敵です。
あぶぶ、とことこ、外遊びの常連さんだったAちゃん親子、春から入園し久しぶりのここあんです。
お母さんに色々(近況報告など)聞きたくてつい話しかけてしまうので
「もう、おしゃべりせんで!おしゃべり禁止!」と度々Aちゃんに注意を受けてしまう。
以前来たとき入院治療することを聞いていたので案じていたのだが、入院中アナログゲームがとても役立ったことなど聞き、無事回復し益々元気になったAちゃんの姿に喜ぶ。

「ビー玉転がしする」の声に、組み立てクーゲルバーンを出して遊ぶ。
「こうして、こうして・・・」
ちゃんとイメージは出来ている、そして、やってみる。
3歳のAちゃん、なかなかやるな。
少し手助けしながらみんなで試行錯誤の末、それなりの形に完成!
「あ、これはこうして使うものだったんだ」「そうか、他の積み木も合わせてやったらいいのか〜」とお母さん。
たっぷり遊んでたっぷりしゃべって、「お家でもまたやってみようね」と言いながら帰って行きました。

こうして一緒に遊んでみると、おもちゃの活用法が広がるよね。
ここあんのおもちゃ屋ばあさん、少しは役に立ったみたい。

翌日曜日は一段と素晴らしいお天気。
ここあんは「アナログゲームの日」の予定だったけど、きっとみんなどこかお出かけに行くよなあ〜
「裏ノ庭ニ居リマス」の張り紙をして裏庭へ
草刈り週間継続中。
先日、Oちゃんが木の剪定をしてくれて一段とスッキリしたから私も頑張らねば、と人に見せられない出で立ち(破れかけたゴム長靴、割烹着、網ネット付き頭巾の怪しい姿)でガシガシと草を刈る。
すると、裏口から「あ、いたいた・・・ここあんさん」
未だにヤブ蚊がすごいので、急ぎ室内へ移動。

幼稚園児のMちゃん、小学生のYちゃん、お母さんと私、4人でアナログゲーム遊び。
遊んだのは・・・
「スティッキー」
「デンジャラスフィッシング」
「3人の魔法使い」
3人の魔法使いの遊び方が今ひとつ理解できていなかったのだが、この日やっと要領がつかめた。
遊んでくれる子どもたちがいるからこそ、その面白さを実感できる。
アナログゲームマスターにはほど遠い私だけれど、老化予防のためにもゲームをもっと楽しんでいかねば、な。

素敵なここあん日和を過ごし、満足、満足。












ただ今募集中の今月分の講座等についてご案内します。

10月25日(木)お外遊び「ピクニック」 10時半〜お昼頃 
10月28日(日)お人形作り講習会 10:30〜15:30
10月29日(月)おむつなし育児の会 10:30〜お昼頃
d0131255_08093515.jpg
カレンダーも再掲しておきますね。
お問い合わせは、ここあん(0859-44-8607)までどうぞ。

 

”とことこ”で、久しぶりのミニ工作
d0131255_07524563.jpg
♪つくろう つくろう おにぎり つくろう〜
歌いながら作った大きなおにぎり

おにぎりも良いけど
のりまきも良いなあ〜

絵本は食べ物シリーズに魅了されっぱなしです

人形劇屋たくたく堂さんによるワークショップ 素敵空間に 思わず息をのむ
d0131255_08313162.jpg
ワークショップの前にミニシアターという贅沢な時間

海の中をゆらゆらゆ〜らり漂う不思議な生き物たちに
しばし見とれる

そして、ワークショップ
d0131255_08321090.jpg
参加者が予定より多いことに気づき
急ぎ追加の材料を準備をタクさんにお願いする
(ごめんなさ〜い)
d0131255_08322783.jpg
始まった〜
ここあんの室温、ここだけ急上昇し「暑っ!」
d0131255_08324183.jpg
暗闇で、ぼんぼり人形たちの秘密会議中

面白かったなあ〜
2歳、3歳(年少)の小さな人たちが
何のためらいもなくタクさんの誘いに引き寄せられて
空想の世界でお人形遊びに興じる姿

年長さんくらいになると、作品制作への集中(こだわり)の方が強くて
それぞれ、自分だけの世界を作っているみたいな感じ

久しぶりに色んな年齢の子どもたちが集まり
ここあんが大きく深呼吸したような
そんな時間となりました

タクさん、ありがとう
参加者の皆さん、ありがとう

10月のお外遊びは「ピクニック」。
お弁当もって出かけてみよう、という計画。
いつもの路地から少し足を伸ばして、塚山公園まで行ってみようか・・・。
d0131255_09092318.jpg
秋はきれいな葉っぱや色々な実を見つけられそう

10月25日(木)10時半ここあん出発
持ち物:お弁当(おにぎりやサンドイッチなど自由)、飲み物、敷物
どなたでもご参加いただけます。(大人だけもOKです)
赤ちゃんは抱っ、おんぶ、場合によってはベビーカー持参でどうぞ。
参加費:500円(+ここあん協力金)

午後2時からはセレンさんのミツロウクリームお教室も予定しております。
お外遊びに引き続いて作りたい方は事前にお知らせ下さい。



おもちゃ屋開業から一年。
「在庫を抱えないおもちゃ屋」として、細々と商売をさせていただいておりますが・・・、孫たちがおもちゃ遊びを色々楽しめるお年頃に突入し、つまり、「おもちゃの出番がついに来た〜!!」とばかりに、あれもこれも試したくなって困ります。
で、結果的にここあんのおもちゃが増えるという事態になるわけです。
今までここあんに無かったけれど、欲しかったおもちゃ、例えば、こんなのを注文してしまう。
d0131255_14535213.jpg
言い訳:お客様からの注文も含まれております

孫と過ごしてみて、この素敵なおもちゃを楽しめる年齢は、今だ!と実感いたします。
もちろん高価なおもちゃでなくとも、似たようなことを体験させてやることは工夫次第で可能です。
けれども、幼い子どもの興味関心を知り尽くしたその道のプロが安全性を担保した上で、その興味関心を最大限に引き出してくれる頼もしい相棒として生み出したおもちゃという作品はやはり素晴らしい。
そうしたおもちゃたちと必要な時にであえること、思う存分向き合えること。
それは子どもにとって幸せなことだと思うのです。
ここあんに備えているおもちゃたちは、そうした私の願い、信頼に値する価値あるおもちゃばかりです。

おもちゃを介して、孫の成長を実感する毎日ですが、特に「できた」という瞬間に立ち会える喜びは格別ですね。

さて、1歳5ヶ月のめいちゃん、ずいぶん指先が器用になってきました。
そこで、こんなおもちゃを仕入れてみました。
d0131255_15155339.jpg
カチカチボールです
d0131255_15141183.jpg
家に来ているとき、最近のめいちゃんが必ずはまるのは、パパやおじちゃん(パパの兄)が子どもの頃使っていたヨーヨーです。
ヨーヨーはできないので、転がしたり、ジイジに技を見せてもらったりしていましたが、あるとき、分解できることを知りました。
左右の丸いお皿をねじってクルクルまわして外し、真ん中の小さなリング(糸が結わえ付けてある部分)を外し、バラバラにします。
すぐまた小さなリングを注意深くヨーヨーの軸に差し込み(かなり細かい作業)、外した反対側のお皿をはめ込む。
これを延々繰り返します。
上手くいったり、いかなかったりしますが、「あん!」と助けを求められれば、誰かが手助けしてやり、根気よく遊びます。
時折いらついて、放り投げてしまうので、要注意。

さて、おもちゃ屋ばあちゃんの思惑通りカチカチボールで遊んでくれるでしょうか?
パーツは全部で5つ。難易度高めです。
楽しみ、楽しみ〜。


日曜(14日)のくわえパペットステージに続き、月曜(15日)から市内保育園・幼稚園でのアートスタートが始まりました。
d0131255_08171603.jpg
たくたく堂さんによる「にんぎょうげきのおみせやさん」
d0131255_08181496.jpg
1歳児クラス〜6歳児クラスまで、およそ70名が釘付け

初日の公演は、お遊戯室のない保育園でした。
ここはいつもみんなが過ごす保育室なんですが、「小さな劇場」にへ〜んしん!

子どもたちの反応が面白く、あっという間の50分でした。
今日もすでに別の保育園で仕込みが始まっています。
金曜日まで、市内巡回公演が続きます。
とてもとても楽しくて、大変意味のある素晴らしい(どんなに褒めても褒めたりないくらいの)境港市独自の自慢の事業です。