人気ブログランキング |
岡山から結城先生をお招きし、お人形講習会を開催します
d0131255_08341405.jpg
現在すでにお二人のお申し込みをいただいておりますので
興味のある方は、お早めにお問い合わせくださいね

一人ではなかなか手をつけられないお人形作り
誰かと一緒だと、案外できちゃうんです

前回、1回目の私の復習の様子がこちら⬇︎
今はまた、すっかり忘れています





わらべうた研修会、今年度最後の定例会(境港)は参加3名という寂しさでした

世の中には情報が溢れていて
イベントも溢れていて
ただでさえ気ぜわしい日常を一層せわしなくさせる

月1回、一時間の積み重ねさえままならないと言う現実は
私をちょっぴり残念な気持ちにさせる

研修会を立ち上げたのは2012年だから、気づけば7年
こうした組織が行き詰まりを感じ始める時期かしら

どんなことにも終わりはある
関わる人たちが必要性を感じなくなれば終わっても良いのかな
何より自分たちが楽しめなくなったり
負担に思うことの方が増えていくようなら
終わりにするのもありかしらね

平成の終わりは
様々なできごとの幕引きに繋がっているよう



5月末で2歳になるめいちゃんとのお喋りが楽しい
「じいじ、いないね〜」
「カーカー(カラス)、いっちゃった〜」
2語文をぼつぼつ話すようになり、新しい言葉をぐんぐん覚える

一緒にいる人間をひとり一人確認するように
「おと〜(おとうちゃん)」
「おか〜(おかあちゃん)」
「じいじ」
「ばあば」
「おっき(大きい)ばあば」と指さしながら呼んでは返事をさせニッコリする
自分のことは「め・こ」、時に「めこちゃん」と言う

昨日は食事を終えると「ごっちゃま〜(ごちそうさま)」と言ってエプロンを外し「ばあば、あしょぶ!」とあまりにきっぱり言うものだから、指名された方は大急ぎで食事を終える
食事を終えていたじいじが「じいじは?じいじと遊ぶ?」と問うと、「いやいや」と首を振り「じいじ、あしょばん」と言うから大笑い
すでに浜弁をマスターし始めているみたい


店舗を構えて商売するのが厳しい時代になった。
買い物は配達付きのネットショッピングが便利で、ついそちらを利用しがち。
早いし、安いものを探せるし、動かなくて良いし・・・忙しい現代人にはもってこいだもの。

そして、あっという間になじみの店(小売店)が姿を消す。

ここあんのおもちゃ屋さんは、そうした時代に逆行するようにして生まれた。
子どものためのおもちゃなど、少子化の時代にそう売れるものではない。
しかも値段は高い。
モノを持たない暮らし(買わない、借りる)を求める人も増えた。

けれど、どんな時代であっても、子どもに必要なモノは変わらない。
新しいモノが溢れんばかりに出ては消える時代だからこそ、良いモノ、長くつきあえるモノを提供したい。
指先ひとつで手に入る時代だからこそ、実物を手に取り、良いモノであると実感したうえで求めて欲しい。

そんな気持ちで営むようになって1年半。
「あ、そうか」と気づいた。
私はおもちゃと人をつなぐ商売をしているのだなと。
子どもとおもちゃの仲人さん!

「アートスタート」公演を通じて、アーティスト(表現者)と人が出会う場を作ってきたように、おもちゃを通じて素敵な「トイスタート」体験ができるようにと願っている。

おもちゃ屋さんが商売として成り立たたないことは重々承知の上だけど、始めたばかりの仲人業をそう簡単には諦められない。

いくつものわらじを履きつつ、リスクを最小限にとどめながら、決して無理しない「小商い」として細々と、しかし情熱を持って続けてゆけたらなあ〜

これからも私は、子どもと子どもを愛する人たちとおもちゃを取り持つ仲人業、楽しんで続けて参ります。
皆さまどうぞご贔屓に。







お彼岸ですから、朝からいもぼたをこしらえて
d0131255_17512268.jpg
まずは仏壇にお供えし、その後お味見
d0131255_17522274.jpg
そして墓参り

「よなごからさかえまで」

ありがたいことに今日は長老様、デイサービス

お昼を気にせず夫婦で出かけられる

花粉症により目も鼻もグズグズだけど

P車(夫の愛車)でブイブイ〜県境越えて

ぐる〜っとドライブ

良き一日

ご先祖様に感謝!