人気ブログランキング |
真夏日となった今日の山陰。
少し動くと汗が噴き出す、そんな一日でした。
気になっていた安部朱美創作人形展に、やっと出かけることができました。
こんなに素敵な人形を創る作家さんが地元におられたこと、そしてまたその方がここあん開設当初から通って下さっていたHさんのお母さまだということが何だか嬉しくてなりません。
平日だというのに、美術館には中高年の方を中心にたくさんの来場者があり、人気の高さを感じます。
懐かしい昭和の時代の子どもたち、人々の穏やかでのんびりした佇まい、うっとりするような母と子の姿・・・、信頼という絆で結ばれた人々の表情が素晴らしかったです。
そしてやはり、少女のお人形さんのお顔が、どうしてもHさんとだぶってしまうのでした。
はじめてのわらべうた講座お申し込み受付中!詳しくはこちらへ。

今年度も「子どもとメディア出前講座」が始まります。
ケータイネット関連の講座は先週すでに一コマ終了。乳幼児の保護者向け講座は、明日が今年度初講座となります。
境港市内の保育所・幼稚園での講座は、この3年ほど継続実施させていただいていますが、今年度は「子どもの遊び」という視点でのお話になる予定。
明日の講座は地元ではなく、お隣米子市の保育園ですが、お時間もたっぷりとっていただきましたので、気合いを入れて頑張ろうと思っています。

東日本大震災以後、今なお復興への光も見つけられない状況ではありますが、そうした中で、私も含め多くの日本人が見失っていたコトやモノを思い出させてくれたことは唯一の救いです。
それは、子どもと向き合う上での大きな気づきだと私は思います。
「子どもとメディア」の問題は、私たちの生き方そのものの問題だということを、今年度も講座に参加される皆さんと共に考えていけたらなあと願っています。
桑山紀彦さんという精神科医を、皆さんはご存じかしら?
つい先日、被災地で心のケアを続ける診療所を紹介するテレビを偶然見て、「あっ、地球のステージの桑山さん」って、驚いた。ご自分の診療所を持っておられたのね。そうか、宮城が本拠地だったんだ。
テレビでは、地震・津波被害の後の町の様子を継続的に記録に残すため撮影を続ける桑山さんの姿も紹介された。「今は目を背けたい光景でも、いつか必ず向き合わなければならないときが来る。直視することでしか乗り越えることはできないから」と。
それから、地球のステージブログにちょいちょいお邪魔している。
被災地のただ中にあって、当分は地元の皆さんの支えになることに重点を置かれるだろうけれど、地球のステージの活動と共に、今回の大震災の語り部として全国各地へ出かけて下さることと思う。
そうだ、今日は久しぶりに桑山さんの歌声をきいてみようかな〜。
今月のあぶぶ、おやつはな〜に?
d0131255_8283680.jpg
みたらしあんをとろりとかけた「じゃがいもだんご」ですよ。
プレーンの白に、にんじん・かぼちゃ入りの微妙な色の違い、分かるかな?もちろんお味の違いもね。

来月、6月のわらべうた”あぶぶ”開催予定は
6月20日(月)午前・午後
6月24日(金)午前・午後
お申し込み受付は5月30日からです。
来月は、ここあんも暑くなり、夏仕様になるかしら・・・。
数日前、こちら(クリック)でもご案内しましたが、「はじめてのわらべうた講座」を開催します。明日からお申し込み受付致します。
d0131255_8225384.jpg