FBなど見ていると、みなさん素敵な連休をお過ごしのようでちょっと羨ましい。
なれど、私は私にしかできない時間を過ごしているわけで、それはそれで満たされています。

風邪がようやく治っためいちゃんとサンルームの窓から雲を眺めて過ごす。
しきりに指さしをして何かを伝えようとするけど、半分もわかってあげられなくて、しまいには「あん!」と怒り出す小さなお姫さんの見つめる先を注意深く見つめ考える。
この小さなお姫さんの要求にちゃんと応えられた時、お姫さんは最高の笑顔をご褒美にくれるのです。

ここあんにあったおんぶ紐を持ち帰り、昔ながらのおんぶをしてみました。
抱っこ紐で抱っこしていると、盛んに後ろを振り向くので、何をしているのか見たいんだなと思ったのです。
おんぶで家の中を歩くのが好きになっためいちゃんです。

連休にあれこれやりたいこと、行きたいところもあったけれど、家族だけでのんびり過ごすのもまた楽しいね。
ママ、パパともにめいちゃんの風邪をもらい、じいじまでがダウンしてしまった我が家。
もう一人の孫、こっちゃんに「遊びにおいで」と言えないのが唯一寂しいばあばです。



[PR]
「今日は誰か来るかしら〜」少し肌寒いここあんで、古本をひとりみがいております。
これはレアだぞ!とネット検索してみると、やっぱりね〜。
d0131255_11575881.jpg
古本屋さんでは1300円の値が付いている。
d0131255_11584948.jpg
d0131255_11590371.jpg
これはちょっと楽しそう〜。遊んじゃおうか、それともしまい込んでおくべきか、はたまた手放すべきか・・・。

おもちゃ屋そっちのけで気分は「ふるほんや」。

[PR]
ここあんでは絵本の定期購読を続けています。
私自身、息子たちの幼いころに「こどものとも」「かがくのとも」を定期購読していたので、その良さを実感していたので、子育て中の皆さんにもお勧めしたくて始めたことです。
「その良さ」とは、まず、年齢にふさわしい絵本が届くこと。
そして、親の好みに関わらず、色々なタイプの絵本が届くこと。
何より、子どもが惹きつけられる素晴らしい内容。
子どものことを知り尽くしたプロが、時間をかけて丁寧につくる一冊は、作り手のひとりよがりなところが全くなくて安心して開くことができます。
それがこの値段!(1冊420円:ここあんでは絵本クラブ価格(税抜き)でお渡ししています)
今月の0.1.2は村田エミコさんの版画による絵本、いいでしょう〜
d0131255_12180757.jpg
近頃積極的に声かけをしないからかもしれませんが、絵本クラブの会員は随分少なくなって、今は、「孫のため」という仲間がほとんどになっちゃったかも。
図書館や支援センターに絵本は随分充実していて、「絵本は借りる」という方も多いのかも知れないけど、「私の絵本」がいつも手の届くところにあることは、子どもにとって安心材料の一つになるのじゃないかしら?
いろいろな月刊絵本があるので、ぜひこちら↓をチェックしてみてね。

ここあん絵本クラブへの入退会は随時受けつけています。
会員の皆さんにはバックナンバーお取り寄せの要望にも応じています。

[PR]
奥の部屋に投げっぱなしになっている古本を整理しつつ、”ちょっこし”古本市開催中。
d0131255_15570407.jpg
d0131255_15572015.jpg
d0131255_15573989.jpg
d0131255_15575335.jpg
古本市の収益は、東日本大震災の震災孤児への寄付にさせていただいています。
ここあんにある絵本もついでに点検しつつ整理できたら良いのだけど、全くはかどりません。
ほこりを被った本たちを磨きつつ、たまにレアな絵本を発見し、にんまりします。
ちょっこしでも続けることは大切だと自分を励ましつつやっています。

明日、明後日、11時から16時まで、おもちゃフェアーと称してここあんを開けていますので、どうぞ遊びに来て下さい。

[PR]
5月になりました。
ここあん便りをアップします。
d0131255_08210420.jpg
d0131255_08212484.jpg
孫の熱がようやくさがり、一安心。
・・・と思ったら、ママは頭痛、パパが発熱。
いつもご機嫌なめいちゃんだけど、さすがに5日も熱が続いたあとだもの、すぐにメイメイ泣きべそで抱っこをせがむ。
もう、腕や肩が悲鳴をあげそうではあるが、せめて、じいじ、ばあばは元気でおらねば!

ここあん、本日は午後から開けま〜す。


[PR]