今月は、♪わらべうたうたいの坂野知恵さんがここあんに滞在されます。
滞在中には、知恵さんのお仲間も2名加わる予定(東京から)ですので、賑やかなここあんになるでしょう。
楽しみですね〜♪

[ここあん4月の予定 イベント参加者募集情報]
4月 5日(木)自由解放日&ここあんのおもちゃ屋さん
        10:00〜17:00
4月12日(木)お外遊び番外編
     「知恵さん・セレンさんとわらべうた♪散歩」
      参加者募集中!!
  10:00 集合 お台場方面へ向かって歩きます
           途中、歌を歌ったり道草します
  11:30 お昼 お台場にて(昼食各自持参)
  13:00 ここあんに到着予定
  *参加対象:親子及び小さな子どもと一緒に歩きたい方
        赤ちゃん連れの方はおんぶ又はベビーカーで
  *参加費:大人1800円+協力金(お一人100円)
  *雨天時:小雨決行(雨具必要、雨宿りの場所確保)
   天候によっては中止し、ここあんで過ごす可能性もあります
  *自由解放&おもちゃ屋さんは 14:00〜17:00
4月13日(金)わらべうた♪あぶぶ 
  10:30〜 空きがあります
  13:30〜 空きがあります
4月14日(土)〜15日(日)11:00〜16:00
  春のおもちゃフェアー第2弾 ”アナログゲーム遊びのススメ”
  *アナログゲーム、パズルの販売・受注会です
  *フェアー開催中の協力金は不要
4月17日(火)わらべうた♪あぶぶ 
  10:30〜 空きがあります
4月17日(火)13:30〜
  恵さんと♪おなかのなかからわらべうた 
  参加者募集中!
  *参加対象:妊娠中の方、育じい・育ばあ、妊活中の皆さん
  *参加費:1000円+ここあん協力金
  *内容:わらべうたうたいの坂野知恵さんに
      子守歌を中心に教えていただきます
4月19日(木)自由解放日&ここあんのおもちゃ屋さん
 10:00〜17:00
4月20日(金)わらべうた♪とことこ
 10:30〜 空きがあります
4月23日(月)おむつ無し育児の会
 10:30〜 定員無し 参加表明お願いします
4月24日(火)わらべうた♪とことこ
 10:30〜 空きがあります
4月26日(木)自由解放日&ここあんのおもちゃ屋さん
 10:00〜17:00

*わらべうた♪あぶぶは2歳未満のお子さん対象、
 ♪とことこは2歳以上対象です。
 参加費は親子一組500円+ここあん協力金です。
 最低3ヶ月、継続参加をお願いしています。
 
        


[PR]
4月になりました。
ここあんからのお知らせは後ほどゆっくりするとして、
旅の報告をちょっこししてみましょう。

旅のルートは、湯村温泉→城之崎→出石→朝来市(竹田城跡)
美味しいものをいただき、良く歩き、ゆっくり過ごした2泊3日。
夫婦で出かけるのは、7,8年前の福岡以来だと思うけれど、お互いに何がどう変わったのかは不明ながら、「夫婦旅もいいもんだ」と実感しました。
同時に、0歳と94歳のお世話をまったくしなくて良いジカンがいかに安気であるかが分かりました。

d0131255_08382515.jpg
日頃運動を全くしない夫婦ゆえ、どこへ行っても階段、そして階段、またまた階段・・・でちょっと疲れたかな。
d0131255_08422154.jpg
美味しいものをいっぱい食べたけれど、気づけば毎度写真を撮り忘れ・・・かろうじて撮った貴重な一枚。
出石の皿そば。
生卵にとろろ、ネギなどの薬味をそばつゆにしっかり混ぜ、そこへそばを入れながら食べる。
これは早速昨夜我が家でも真似してみた。「美味しい〜」

結婚して34年、35年?
「大病もせず、大きなもめ事もなく、ここまで来られたことに感謝せんといけんね」としみじみしつつ楽しんだ旅。
足腰を少し鍛える必要があることも互いに確認し合いました。


[PR]
卒業式を終え、新しい春を待っている人たちの姿をあちこちで見かけます。
ちょっと大人びた顔つきの新中学生さん、やんちゃ盛りの新小学生さんたち。
道ですれ違ったりするとき、なんとなく分かりますね。
わくわく感、どきどき感が身体からあふれているような気がします。

さて、ここあんでは4月からのわらべうたのジカン、参加者募集中です。

本日の”とことこ”で今年度のわらべうたはお仕舞い。
「今までありがとう」の気持ちで最後の会を終えたいです。

新しいことが始まるとき、ヨロコビと共に不安ももちろんありますね。
子育て中の方なら、仕事への復帰、小さなお子さんを預けることへの不安・・・。
子ども自身も実際にはヨロコビの中に大いなる不安を抱いているのかもしれません。
不安要素をあげればきりがない。
性分によるのかもしれませんが、新しい春を誰もがうれしさいっぱいで迎えられると良いなと思います。

私は新しいことを始めるのが好きで、いったんワクワクし始めると何故だか絶対的な成功しか思い描けないという脳天気さで生きてきました。
およそ60年生きてきた中で、もちろん失敗もたくさんしたし、立ち直れないと思うような事態にも遭遇してきましたけれど、その度にどこかで「なんとかなるさ」と思って生きてきました。
実際に、大抵のことはなんとかなるものなのです。

最近、二人の息子を見ていてふと気づいたのですが、性格は全く違いますが、根っこのところはどうやらしっかり太く育っているみたい。安心しました。
「なんとかなるさ」の精神を受け継いでいるみたい。
夫婦そろって横着なので、子どもたちには日々「頑張らんで良いがん」と余力を残すことを教えてきました。
「明日出来ることは明日やれば良い」といった調子でのほほんと暮らして来たように思います。
我が家には息子たちに「頑張れ!」という人は一人も居なかったかもしれません。
大人になった彼らはそれぞれに大変良く頑張っています。
悩みはそれなりにあるのでしょうが、くよくよと悩むようなことは無さそうですし、精神的に安定しているのは性格に加え周囲の人に恵まれているからでしょうね、ありがたいことです。
つい私は「大丈夫かや?息抜きしながらやりなさいよ」などと「頑張らなくて良いがん」メッセージを送ってしまいます。

新しい春、もしかして不安に押しつぶされそうになっている人が居たとしたら、「大丈夫、なんとかなるけん」とそっと支えてあげたいね。
「大丈夫、大丈夫」
呪文のように繰り返し唱えていると、ほら、大丈夫な気持ちになってきますよ。





[PR]
あらこれとせねばならぬことがあるのに、できぬ。
その上昨夜から鼻水じょろじょろ〜。

夫も孫一家も所用でお出かけ、「やれやれ・・・」つかの間のひとりジカンを満喫。
(ひとりじゃなかった〜、94歳はご在宅)

コーヒーを淹れ、黒糖ショウガでジンジャーコーヒー。
うまし。
つまり気味の鼻やイガイガする喉が喜んでいる。

先日、メガネを新調しようといつものメガネ屋さんで視力を測ってもらったら、「近視のほうは全く悪くなっていないですね、きっとこれ以上は悪くならないでしょう。」と言われてちょっと嬉しかった。
元々目は良い方だったけど、車の運転時のみメガネの必要が出てきて、その後、パソコンやパッチワークを始めた頃から急激に悪化、30代半ばには終日メガネを着用するようになった。
免許更新のたびに「また近視が進みましたね」とメガネを新調し続けてきたけど、今回はその必要なし。
ところが・・・「老眼は進んでいますね」
確かに手元が見えづらい。
爪を切るとき、針に糸を通すとき、メガネを外さなきゃいけないもの。
結局、手元がはっきりと見えるように調節してもらい、メガネを新調しました。
新しいメガネ、フレームも変えたのだけど、縁なしだからでしょうね、誰も気づきません。
新しいメガネ、よく見えます!
これで、針に糸を通すときも楽勝です。
d0131255_16094957.jpg
メガネケースは珍しくピンクをチョイス、メガネ拭きはドット柄です。

何かと気ぜわしい年度末。
つかの間を上手に見つけて気分転換し、乗り切っていかなきゃ〜





[PR]
早生まれの私は、同級生が皆「還暦」と騒ぐなか「あら、来年よ!」と若ぶってみせる。
なれど、還暦へのカウントダウンが始まったこと、ひしひしと感じています。
そんな私にサプライズ(お嫁さん企画)
d0131255_07501287.jpg
うれしいな〜、みんなそろって賑やかな夕食会(自宅)。
d0131255_07502318.jpg
こんなものもあります・・・が、実はコレ、じいじが退職送別会でもらってきたものです。
おめでたそうで良い感じ、しばらく「おめでとう」を飾っておきましょう。

さ〜てと、来年は盛大に「還暦祝い」をしてもらえるかしらね〜(わくわく)


[PR]